The Dao of DAOs

皆さん、こんにちは👋

自分で仕事をする面白さは仕事の内容が決まってないことですが、もし決まっていたとしたら、そのうちの1つは次のようなものになるかもしれません。「インターネットで遊んだ中で見つけた、最も面白いものを翻訳する」

数ヶ月前、私はNFTに関するツイートを目にするようになりました。私はNFTが何なのか知りませんでしたが、現場で働いている人たちは知っていたので、読んで、話して、考えて、書きました。何よりも学ぶために書きました。今ではNFTはどこにでもあります。BeepleのEverydaysはクリスティーズ(Christie’sというサイト)で6,900万ドルで落札されました。あなたのおばあさんもNFTを持っているかもしれませんね。NFTは急速に普及しています。

NFTについてツイッターやクラブハウスで話していた人たちは、次のものに向かっています。DAOです。

Web3の世界で新たな深みにはまるたびに、自分の手に負えないと感じるようになりました。Seed Clubを運営しているJess Sloss氏にDAOを調べていることを伝えると「🐇 meet 🕳」と書いてくれました。DAO (Decentralized Autonomous Organizations/分散型自律組織)は、次に深みに嵌ってしまう対象です。

この深さになると物事は乱暴になり始めます。私は声を大にして探求しています。すべての答えを持っているわけではありませんが、できれば一緒に何かを学びたいと思っています。

では、さっそく行ってみましょう。


▼本記事の内容
  1. The Dao of DAOs
  2. From NFTs to DAOs
  3. DAOの登場
  4. イーサリアムとDAO
  5. UniswapとCoinbaseの比較
  6. SushiSwapのフォーク
  7. 漸進的分散化(Progressive Decentralization)
  8. なぜDAOなのか?
  9. DAOの7つの力
  10. DAOの現在と未来

*この記事は、「The Dao of DAOs」を著者の了承を得た上で翻訳したものです。

著者: Packy McCormick
翻訳者: 渡辺圭祐


The Dao of DAOs

2016年6月17日にハッカーがThe DAOから盗んだイーサ(ETH)は、ハードフォークされていなかったとしたら、今日では66億ドルの価値があります。

2016年4月30日に発足したThe DAOは初期のDAO(Decentralized Autonomous Organizations/分散型自律組織)とベンチャーキャピタルファンドです。1万1,000人が当時の総供給量の14%にあたる1,150万ETH (約1億5,000万ドル相当) を投資し、その資金をまとめてクリプトプロジェクトに投資する予定でした。

機関投資家や富裕層(リミテッド・パートナー、LP)が資金を投じ、他の人々(ジェネラル・パートナー、GP)が企業に投資する従来のファンドとは異なり、The DAOの投資家はスマートコントラクトで設定された事前のルールに基づいて議案に投票することができます。各人の票数は、保有しているトークン数で重み付けされます。提案されたプロジェクトが十分な票を獲得することがトリガーとなり、スマートコントラクトは自動的にThe DAOの資金をプロジェクトのETHウォレットに投資しました。

The DAOのクラウドファンディングキャンペーンが始まって2週間後、TechCrunchは「The DAOは経済組織の考え方そのもののパラダイムシフトだ。完全な透明性、完全な株主管理、前例のない柔軟性、自律的なガバナンスを提供する」と書きました。

それから2ヶ月も経たないうちに、6月17日にハッカーがThe DAOを攻撃し、360万ETHを奪いました。当時、その額は約5,000万ドルにのぼりました。ETHが1,851ドルで取引されている今日、盗まれたETHは66億ドルの価値があり、史上最も高価なハッキングの一つに数えられています。

しかし、ハッカーたちは億万長者になったわけではありません。資金はスマートコントラクトの契約条件に基づいて28日間保留されたため、The DAOとより広範なイーサリアムコミュニティは、どう対応すべきかを考えるのに約1カ月かけることができました。議論の末、Vitalik Buterin率いるイーサリアムコアチームはイーサリアムブロックチェーンをハードフォークしました。それは基本的に強盗が起こらなかったことを除いては、すべてが同じである新バージョンでした。

訳者注:
後方互換性のないソフトウェアアップデートのことです。一般的には、ノードが古いノードのルールと競合する方法で新ルールを追加した場合に発生します。新しいノードは、新しいバージョンを操作する他のノードとのみ通信できます。その結果、ブロックチェーンは分割され、古いルールと新しいルールの2つのネットワークが作成されます。
参照: ハードフォークとソフトフォークの説明

イーサリアムのコアチームは、人々を強制的に移行させることはできませんでした。人々は以下の質問に答えながら、自らの意思で投票しました。「ハッキングを消去することのメリットは、人々の介入がイーサリアムへの信頼を失うというデメリットを上回るか?」ほとんどの人にとって、答えはイエスでした。一部の人々はハッキングが行われたイーサリアムのブロックチェーンをイーサリアムクラシックと名前を変えて使い続けましたが、私たちが知っているイーサリアムはフォークされたバージョンです。現在のイーサリアムのブロックチェーンを見ても、強盗の痕跡はありません。危害も反則もありません。

From NFTs to DAOs

しかし、オフチェーンではDAOの初期の勢いが失われたという弊害がありました。ビットコイン、イーサリアム、DeFi、NFTなどの言葉は知っていても、DAOが何なのかは知らないかもしれません。実際、最後の400語はおそらくちんぷんかんぷんだと思います。

しかし、DAOは5年後に多様なユースケース、成長するソフトウェアツールキット、そして新しいガバナンスとインセンティブモデルを伴って再登場しています。私がフォローしている多くの賢い人々がNFTの次はDAOだと最近話しています。

私はジルの話を聞いていました。それで深みに嵌ってみることにしたのですが、予想以上に深かったですね。

NFTは比較的親しみやすいものです。キャッチーな見出しをつけるのも簡単です。「高価なJPEG?笑」なぜならNFTは最も基本的なもので、デジタルメディアを所有・収集可能なものにし、人々は時にそれに大金を払うからです。

DAOはNFTよりも一段階上の存在で、DAOはNFTを所有したり、NFTを作成したり、NFT以外の様々なことを行うことができ、NFTよりも大きな変革の可能性を秘めています。NFTはデジタルメディアの一部ですが、DAOはメディア企業全体になる可能性があります。

DAOはより複雑であるため、ヘッドラインやサウンドバイト、プライスタグで表現するのはそれほど簡単ではありません。しかし、そのために私たちはここにいるのです。

これは、DAOとは何か、どのように機能するのか、Web3の他の部分とどのように相互作用するのか、どのような利点があるのか、そしてこれらすべてがどこにつながっていくのかを考える私自身のプロセスを紹介する探求の始まりです。まずはシンプルに、そして積み重ねていきましょう。

• DAOの登場
• イーサリアムとDAO
• UniswapとCoinbaseの比較
• SushiSwapのフォーク
• 漸進的な分散化(Progressive Decentralization)
• なぜDAOなのか?
• DAOの7つの力
• DAOの現在と未来

すべての道はDAOに通ず。「Secure the BaaG」、「Power to the Person」、「We’re Never Going Back」、「The Value Chain of the Open Metaverse」、「Conjuring Scenius」など、私が書いてきた多くの探求的な作品は、知らず知らずのうちにDAOに向かっていました。これらの作品はすべて「ますますデジタル化が進むグローバルな世界で、私たちはどのように働き、投資し、創造し、一緒に遊ぶのか」という問いかけをしていました。

「Power to the Person」が「一人でどれだけのことができるか」であるならば、「DAO」は「みんなでどれだけのことができるか」です。

でも、待ってください。DAOって何でしょう?

DAOの登場

注: Web3に馴染みのない方、または復習が必要な方は「The Value Chain of the Open Metaverse」をお読みください。

まず、定義から説明しましょう。Scalar CapitalのLinda Xie氏は、彼女の投稿「A Beginner’s Guide to DAO」の中で、良い定義をしています。

DAO (Decentralized Autonomous Organization)とは、ブロックチェーン上で実行される、ルールを共有して調整を行う、ミッションを中心に組織されたグループのことです。

DAOはブロックチェーン上で運営され、役員や理事ではなくステークホルダーに意思決定権を与えるという点で「分散型」であり、スマートコントラクトを使用するという点で「自律型」です。スマートコントラクトとは、一般にアクセス可能なブロックチェーン上で実行され、一定の条件を満たした場合に人間の介入を必要とせずに行動を起こすアプリケーションやプログラムのことです。

DAOはプロジェクトの資金調達、コミュニティの運営、価値の共有のための新しい方法です。DAOはトップダウンのヒエラルキー構造ではなく、Web3テクノロジーと急速に進化するガバナンスとインセンティブシステムを用いて、意思決定権と金銭的報酬を分配します。一般的には、参加、貢献、投資に応じてトークンを発行することで実現しています。トークンの保有者は、提案を提出したり、投票したり、利益を共有したりすることができます。

ブロックチェーン、NFT、スマートコントラクト、DeFiプロトコル、DAppsがツールであるとすれば、DAOはそれらを使って新しいものを生み出す集団です。それらが「何」であるならば、DAOは「どのように」であると言えます。彼らはWeb3版の企業やコミュニティです。そして、人々が新しい要素や構造を試していくうちに、DAOは今では予測できないような特性を持つようになるでしょう。

DAOは、私たちの働き方、グループでの意思決定、資源の配分、富の分配、そして世界の大きな問題を解決する可能性を秘めていると支持者は考えています。DAOは、そもそもイーサリアムが誕生した理由でもあります。

イーサリアムとDAO

そもそも最初からDAOは存在していました。イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinは、2013年のEthereum White Paperの序文で、Decentralized Autonomous Organizations(分散型自律組織)について言及しました。

Vitalikは、彼が2011年に設立したBitcoin Magazineに以前書いた「Bootstrapping a Decentralized Autonomous Corporation」という記事を参照していました。その中で、彼は次のような質問をし、答えようとしています。

この問題を別の方向からアプローチすることはできないだろうか。つまり、ある種の専門的な仕事をするのに人間が必要だとしても、その代わりに管理者を方程式から取り除くことはできないだろうか?

この投稿の中でVitalikは、Bitshares社の創業者ダニエル・ラリマーの「ビットコインは実はプロトDAOのようなもので、従来の会社に相当する新しいタイプの分散型企業である」という考えに言及しています。

• 株式 ≈ ビットコイン
• 株主 ≈ ビットコインの所有者
• 従業員 ≈ マイナー、バリデーター
• 給料 ≈ チェーンにブロックを追加した際のビットコインの報酬
• マーケティング ≈ ビットコインを宣伝するレーザーアイを持った人たち

しかし、ビットコインには限界があります。ちょっと間抜けな感じがします。実際にはあまり知らず、自分自身を変えることもできず、実際には何もしません。「ただ存在しているだけで、それを認識するのは世界に委ねられている」のです。それは本当に金のようなもので、人々がそれに何かをしたり、価値を与えたりするのをじっと待っているのです。

もっと親身になって、同じくらい複雑な例え話をすると(これが賢い読者がいることの良い点です!)、ビットコインが人工狭義知能(ANI)のようなものだとしたら、DAOは人工一般知能(AGI)のようなものです。ビットコインはプログラムされたことを上手にこなしますが、DAOは理論的には何でも上手にこなすことができます。

Vitalikはイーサリアムを紹介したときに以下のように言いました。

イーサリアムが提供しようとしているのは、任意の状態遷移関数をエンコードするための「コントラクト」を作成するために使用できる、本格的なチューリング完全プログラミング言語が組み込まれたブロックチェーンであり、ユーザーは数行のコードでロジックを書き上げるだけで、上述したあらゆるシステムや、まだ想像していない他の多くのシステムを作成することができます。

ビットコインはデジタルマネー。イーサリアムはアプリケーションから組織全体まで、あらゆるものを作ることができるプラットフォームです。

イーサリアム、ビットコイン、その他のブロックチェーンは、Web3技術スタックのレイヤー1です。ビットコインの場合、すべての魔法はレイヤー1で起こりますが、イーサリアムの場合、魔法のほとんどはレイヤー2、プロトコルとスマートコントラクトのレイヤーで起こります。

ソース: readthedocs.ioExample

レイヤー2は、プロトコルやスマートコントラクトのレゴブロックを作るところで、無数の組み合わせや形態で配置することができ、アート作品の作成からクリプトの取引まで、サードパーティを必要とせずに直接行うことができます。

ZoraはNFTプロトコルで、クリエイターが自分の作品を作成し、所有し、販売することができます。Uniswapプロトコルは「開発者、リクイディティ・プロバイダー(LP)、トレーダー、誰もがオープンでアクセス可能な金融市場に参加できる 」分散型の取引所です。Mirrorの分散型出版プラットフォームは「私たちが自分の考えを表現し、共有し、収益化する方法に革命を起こす」としています。

Zora、Mirror、Uniswapは全てのプロトコルですが、全てのプロトコルが必ずしもDAOではなく、その逆もまた然りです。その違いを理解するために、まずは中央集権型プラットフォームと分散型プロトコルを比較し、分散型プロトコルがDAOに進化するまでを説明します。

UniswapとCoinbaseの比較

クリプト化されているからといって分散化されているとは限らないし、分散化されているからといってDAOであるとは限らないのです。

Coinbaseはクリプトの売買を可能にしますが、それ以外の点では、株式や債券、通貨、商品などを取引する中央取引所のようなものです。一定の価格で買いたい人と、その価格で売りたい人をマッチングさせ、取引を円滑に進めるために取引ごとに手数料を取るのです。

企業としてのCoinbaseは典型的な中央集権的企業のように振る舞います。投資家がいて、取締役会があり、CEOがいて、良くも悪くも組織の方向性を決める決定を下します。どのクリプトをプラットフォームに上場させるかは、ユーザーではなくCoinbaseが決定します。Coinbaseは中央集権的な性質を持っているため、理解と使用が比較的簡単です。銀行口座に接続して資金を預け、クリプトを買い始めるだけです。それはうまくいきます。CoinbaseはダイレクトリスティングIPOで上場し、会社の価値は1000億ドルを超えると思われます。

翻訳者注: Coinbaseは2021年4月14日に米ナスダックに上場し、時価総額は一時1120億ドル(約12兆2000億円)を超えた。参照

一方、Uniswapはイーサリアムブロックチェーン上で運営される分散型の取引所です。Coinbaseとは異なり、Uniswapにはウォレットすらなく、純粋な取引所であるため、ユーザーは自分のクリプトを別の場所で保有する必要があります。

Uniswapは分散型であるため取引対象を決定することも、流動性を提供することも、銀行口座を持つこともありません。その代わりに、Uniswapは利用可能な流動性に基づいて価格を設定するスマートコントラクトを通じて、ユーザーが直接取引できるAutomated Market Maker(自動化マーケットメーカー)です。中間業者は存在せず、Uniswapはどのトークンが取引できるかを選びません。

その代わり、誰もがUniswapのリクイディティ・プロバイダー(LP)になることができます。例えばETHとUSDTのような安定したコインなど、任意のERC20トークンのペアをロックアップします(文字通りデジタル金庫に入れてしばらく触らないようにします)。 その代わり、そのペアの流動性の割合を表す流動性トークンを受け取ります。誰かがUniswapで取引をする際には、0.3%の取引手数料を支払い、その手数料は流動性トークンの保有量に応じてリクイディティ・プロバイダーに支払われます(もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください)。

Uniswap自体は単なるプロトコルであり、課金される取引手数料は一切受け取りません。昨年末までUniswapはDAOではありませんでした。トークンもなければ、時価総額もありませんでした。

今日、Uniswapの1日の取引量は10億ドル近くになり、1日の取引手数料が3000万ドル近くになり、今日の時点で170億ドルの時価総額になっています。

何が変わったのでしょうか?8月に入ってから事態は荒れていきました。

SushiSwapのフォーク

二つの道が森の中で分岐していて、私は…
私は道なき道を進んだ。
それがすべての違いを生んだのだ。
— ロバート・フロスト「The Road Not Taken」より

分散型プロトコルの優れた点は、コード、スマートコントラクト、取引履歴が公開されており、誰もが見たり、監査したり、コピーしたりできることです。このオープン性がチェック&バランスの役割を果たし、良い行動やプロトコルの最適化を促すことになります。なぜなら、プロトコルを開発しているチームのやり方に反対する人や、もっと良い方法で価値を生み出すことができると考える人が多ければ、そのプロトコルをフォークすることができるからです。

それがSushiSwapを開発したチームであるChef Nomi(仮名)がUniswapに対して行ったことです。

Uniswapの最初の2年間は創設者であるHayden Adamsの決定と、その上に構築されたスマートコントラクトに支配された、シンプルなプロトコルとして存在していました。トークンをLPに発行し、取引手数料のシェアを得ていましたが、それらのトークンはプロトコル自体には結びついておらず、ホルダーにはUniswapのガバナンスに対する発言権はなく、リクイディティ・プロバイダー(LP)が流動性の提供を止めるとすぐにオーナーシップは消滅してしまいました。

SushiSwapはそれを変えるために、Uniswapの進化形として2020年8月にローンチされました。

ブログ記事でSushiSwapチームはこう書いています。「Uniswapのエレガントなコアデザインを受け継ぎ、プロトコルのデザインを改善するのに役立つと信じているコミュニティ指向の機能を追加し、関係者にさらなる利益を提供しました。」

この文章を伝統的な企業として公の場で書くことを想像してみてください。「フェイスブックのソースコードとデザインを使って…」 そんなことはあり得ません。しかし、Web3は違います。フォークは期待されているのです。

SushiSwapはUniswapと一点を除いてほぼ同じです。SushiSwapでは0.30%の手数料が分割され「0.25%はアクティブなリクイディティプロバイダーに直接支払われ、残りの0.05%はSUSHIに変換されて(明らかにSushiSwapを通して)SUSHIトークンホルダーに分配される」という点です。SUSHIトークンを導入し、0.05%をトークンに配分することで、トークン保有者は積極的に流動性を提供していなくても、アップサイドに参加できることになります。早期に参入したり、取引可能なトークンでSUSHIを購入したりすることができます。

なるほど、ではSushiSwapはDAOなのでしょうか?そうではありません。

SUSHIは経済的には参加できますが、(今のところ)ガバナンストークンではありません。ガバナンスフレームワークであるOmakase DAOに取り組んでいて、プロトコルのコントロールをコミュニティに委ねる予定です。今のところ、コミュニティはSnapshotの改善提案に投票できますが、投票に拘束力はありません。

さて、今はDAOとは何かわかりますね?Uniswapです。

SushiSwapのフォークへの対応として、フォークされたプロトコルに移行させないために、Uniswapは2020年9月16日に待望のUNIトークンを発表しました。SUSHIとは異なり、UNIトークンは保有者にガバナンス権(提案に対する投票権や承認権やパートナーシップなどにUNIを割り当てる権利)を与えます。その投稿の中で、Uniswapのチームはこう書いています。

高度に分散化された金融インフラへのプロダクトマーケットフィットを独立して繁栄してきたプラットフォームで証明したUniswapは、現在、コミュニティ主導の成長、開発、自立に向けて特に有利な立場にあります。

UNIを発行すると同時に、UNI保有者は以下の所有権を得ました。

• Uniswapガバナンス権
• UNIコミュニティの財務
• プロトコルフィースイッチ
• uniswap.eth ENS名
• Uniswapデフォルトリスト(tokens.uniswap.eth)
• SOCKS流動性トークン

Uniswapは今日のSUSHISwapのように0.05%をUNIに還元するわけではありませんが、180日間のタイムロックの遅延を条件に、コミュニティは「プロトコルフィースイッチ」を所有し、そのロックアップが終了したときにコミュニティはその可否を投票することができます。

では、その結果はどうなるのでしょうか?Uniswapはフィー・スプリットの変更なしにDAOになったプロトコルで、SushiSwapはUniswapをフォークして新しいフィー・スプリットを作りましたが、まだDAOにはなっていません。

この例は重要なポイントを浮かび上がらせます: クリプト会社は初日からDAOになる必要はありませんし、一般的にはそうすべきではありません。進化することができるのです。初日からDAOとしてスタートしたThe DAOとは異なり、UniswapとSushiSwapの両社はVariant FundのJesse Walden氏が提唱する 「Progressive Decentralization」を経ています。

漸進的分散化(Progressive Decentralization)

Jesse Waldenは、私がWeb3やオーナーシップエコノミーについて理解しようとする際、最もよく参考にする人物です。そこで、MirrorのPatrick Rivera氏に、私がずっと疑問に思っていた「委員会で優れたプロダクトをデザインすることができるのか?」 と質問したところ、意外にもWalden氏の「Progressive Decentralization」の記事を紹介してくれました。

Waldenは委員会でプロダクトをデザインしようとしたり、初日からトークンを与えたりすることは意味がないと書いています。その代わりにWaldenは、「持続可能で、コンプライアンスを守り、コミュニティが所有するプロダクトを構築することを目標」として、3段階のプロセスで分散化に取り組む枠組みを示しました。

1. プロダクトマーケットフィット(製品と市場の適合)
クリプトスタートアップの初期は、他のスタートアップの初期と同じように、小規模で集中したチームが、プロダクトマーケットフィットを見つけるまで、構築、学習、反復に全力を注ぎます。プロダクトがひどいものであれば、コミュニティはそれを救うことはできず、トークンの所有権にかかわらず、関心を失ってしまうでしょう。VC が勝者と敗者にどれだけの時間を費やすかを見てみましょう。

Web3のスタートアップはオープンな性質を持っているため、既存のスマートコントラクトやコード、プロダクトを新しいものにスナップさせることで、素早く構築し、テストすることができます。DeFiが「お金のレゴ」と呼ばれるのには理由があって、誰かが何か新しいものを作るたびに、それが他の人が使えるビルディングブロックになるからです。魔法は新しいレゴを作ることではなく、チームが既存のレゴを組み合わせることで生まれることが多いです。

Waldenは「この段階では分散化を装うべきではない。プロダクトマーケットフィットを見極めるためには、必然的にコアチームがすべてのプロダクトに関する決定を行うことになる」と述べています。

これは私にとってWeb3企業に対する考え方が変わるきっかけとなりました。私はすべてのクリプトスタートアップを「Decentralization Maximalist(分散化最大主義者)」と呼ばれるグループに分類していましたが、実際にはそれはごく一部であり、トップのクリプトスタートアップはそれよりも現実的です。

多くのクリプトスタートアップは、プロダクトマーケットフィットを発見するために、従来のベンチャーキャピタルから調達しています。これはProtocol LabsとCooleyが開発した構造で、Y CombinatorのSAFEに似ていますが、会社が将来トークンを発行した場合に株式ではなくトークンに変換するという点が異なります。

2.コミュニティへの参加
プロダクトマーケットフィットを達成した企業は、より多くのステークホルダーに直接参加してもらうための実験を始めるべきです。

Waldenはそれをオープンソースの開発になぞらえ、コミュニティからの参加を募り、報奨金や助成金などのインセンティブを与え、オープンに開発を進め、コミュニティを構築し、意思決定に大まかなコンセンサスを導入しました。TwilioやStripeのようなオープンソースではない企業でも、自社のAPIをベースに構築する開発者の間にコミュニティを形成することで、強い競争力を築きました。

しかし、StripeやTwilioは開発者コミュニティに株式を配布していませんが、現時点では、クリプト企業はコミュニティへの参加と忠誠心を高めるために、継続的な貢献のインセンティブとして手数料やトークンを使用する方法について考え始めることができますし、そうすべきです。

手数料の面では、ユーザーに手数料を課して貢献者に還元するか、プラットフォームが十分なネットワーク効果を構築するまで手数料を課さないかというトレードオフがあります。クリプトサービスはオープンソースなので、高い料金を請求すると誰かがサービスをフォークしてしまう可能性がありますが、貢献者に還元できる料金を請求しないということは、貢献を促すための資金がないということになります。ここでの均衡状態はプロトコルが最小限の抽出を行うこと、つまり、コストをカバーするのに十分な料金を徴収することです。例えば、Uniswapはわずか0.30%の課金で、それをリクイディティ・プロバイダーに直接支払っています。

トークンの面では、チームは少数のコミュニティメンバーにトークンを発行し、ガバナンスのダイナミクスを試すことができます。この期間はコアチームに十分な意思決定権を与え、自分たちのビジョンに向けて意思決定に影響を与えられるようにするためのトレーニング期間です。この時点で、コアチームと初期の貢献者への報酬と、継続的な参加へのインセンティブとのバランスを考慮したトークンの配布計画を発表し、フィードバックを募る必要があります。ゲーム理論、数学、観察された行動、会話などを用いて、新しいインセンティブモデルやガバナンスモデルが構築され、日々テストされています。これについては、別のエッセイで紹介します(または、a16zの「On Crypto Governance」を読んだり、ゲーム理論の適用に関するこのビデオを見たり、Maker DAOのようなホワイトペーパーを読んだりしてください)。

3. 十分な非中央集権化
チームが最初の2つのステップを成功させた後は、トークンをより広いコミュニティに配布する準備ができています。これは従来のIPO、SPAC、買収に代わるもので「コミュニティへのイグジット(Exit to Community)」と呼ばれ、プロジェクトや企業がDAOになるポイントです。

これはスマートコントラクトを起動することで行われます。このスマートコントラクトは、今日誰がどれだけのトークンを取得するか、将来どのようにトークンを配布するか、トークンの所有権がどのような経済的・ガバナンス権を与えるかなど、すべてを決定する事前に定義されたルールに基づいて、トークンを採掘・配布します。

この時点から、プロトコルの将来の開発はコミュニティの手に委ねられています。コアチームはコミュニティでの地位や保有しているトークンの数に応じて意思決定に影響を与えるかもしれませんが、スマートコントラクトで定められたルールと、コミュニティの投票に基づいて行われた修正が将来の変化を決定します。新製品、採用、料金変更、マーケティングキャンペーンなど、あらゆることが提案され、トークン保有者の投票によって決定されます。おめでとうございます: あなたのプロトコルはDAOに移行しました。

しかし、プロジェクトをアイデアからDAOに移行させる方法がわかったところで、私を悩ませていたもう一つの疑問に答えなければなりません。そもそも、なぜコミュニティ参加や分散管理が望ましいのでしょうか?

なぜDAOなのか?

もし、分散化最大主義者(Decentralization Maximalist)がWeb3コミュニティのごく一部に過ぎず、関係者のほとんどが論理的で経済的に動機づけられた行動者であると信じるならば(そうでなければ、なぜインセンティブデザインがこれほどコアになるのでしょうか)、DAO構造には経済的・戦略的な利点があるはずです。「Progressive Decentralization」でWalden氏は2つの利点を強調しています。

1. コミュニティの参加とコントロールにより、プラットフォームのリスクが限定される
Chris Dixon氏はプラットフォームはユーザーや開発者を惹きつけるためにオープンな状態でスタートし、一定の規模やスケールに達した時点で利益を上げ、株主価値を最大化するために抜き取りを開始すると主張しています。

DAOはステークホルダーの価値を最大化することを目的としています。ユーザーや貢献者は、投資家でありオーナーでもあります。コミュニティ・オーナーシップは、奇妙で斬新なヒッピーのように見えますが、実際には、少数の外部投資家や役員が会社に大金を投じて、会社が何をすべきかを決定するよりも、より自然なモデルです。私たちがこのようにしている理由は、これまでは多くの小規模なオーナーやステークホルダーが意思決定において発言権を持つように調整することが困難だったからです。しかし、テクノロジーの進歩により、より自然なモデルが可能になりつつあります。

これを逆に考えてみましょう。もし私たちが幅広いコミュニティ・オーナーシップから始めて、現在のような外部投資家によるコントロールのモデルを導入しようとしたらどうなるでしょうか?人々がそれを許すはずがないと思います。

DAOの構造はプロトコルやプラットフォームが時間をかけてステークホルダーと一致することを意味しています。

2. 規制コンプライアンス
クリプトトークンは、Howeyテストで証券とみなされる可能性があり、その場合、流通が困難で高価になりますが、情報の非対称性やコアチームへの依存を解消して価値を生み出すことができれば、トークンは証券から非証券に変わる可能性があると分析されています。
(トークンの発行を考えている場合は、弁護士に相談してください)。

DAOを検討する確かな理由は2つありますが、それだけで勢いのある経済エンジンを作った多くの起業家がコミュニティに支配権を譲るほど説得力があるとは思えません。自分の周りにシステムを構築して、将来的に価値を引き出せるかどうかをチェックするような自意識の高い人もいるかもしれませんが、それほど多くはないでしょう。DAOモデルには何か他の利点があるはずです。

ハミルトン・ヘルマー(Hamilton Helmer)は何と言うでしょうか?

DAOの7つの力

現在、DAOは実験段階にあります。コンセプト自体が、メタ・プロダクトマーケットフィットするように取り組んでいます。この段階では、多くの人々が好奇心と、コミュニティへの参加、創造、コラボレーションの新しいモデルを試してみたいという思いから、DAOを作成しています。DAOはより良いものである必要はなく、ただ新しいものであればいいのです。

しかし、長期的には、Vitalikのビジョンである「経営者のいない会社」を実現するために、DAOは他の組織やガバナンスの形態と比較して、競争力のある優位性を持つ必要があります。DAOになるということは、堀(moat)を作ることです。「競争の破壊的な力からビジネスのマージンを守るための障壁」です。ハミルトン・ヘルマー氏は「7 Powers」の中で競争優位性の源泉を7つ挙げています。

ここでは、DAO構造がチームの堀を築くのに役立ちそうな点を見てみましょう。

規模の経済: 3/5 Helmers (5点満点中3点)
生産量が増えれば増えるほど、単位当たりのコストが下がるビジネスのこと。

DAOは世界中の人々や組織に、より大きな目標に向かって資源をプールする手段と動機を与えます。理論的には新しいユニットを生産したり、新しいユーザーを受け入れたりするたびにコストを下げることができます。また、DAOの構造は従来の組織よりも摩擦が少なく、必要に応じて多くのサービスに支払うことで、人件費を削減することができるかもしれません。しかし、DAOには従来の構造に比べて明確な利点がないため、3/5点としました。

ネットワーク経済: 5/5 Helmers
新しいユーザーがネットワークに参加すると、各ユーザーにとってサービスの価値が高まる。

ネットワーク経済はDAOが成功し、既存の企業を打ち負かす可能性がある領域です。これは成功したDAOにとって最強の堀となるでしょう。

ネットワーク経済の典型的な例はFacebookで、友人が参加するたびに、彼らと話したり、彼らが何をしているかを見ることができるので、その価値が高まります。DAOはステートフルなプロトコルと貨幣を直接組み合わせたクリプトネットワーク上に構築されており、ネットワーク効果をステロイドのように発揮します。DAOではユーザーがオーナーとなり、誰かがDAOに参加したりプロトコルを使用したりするたびに、そのユーザーのトークンの価値が理論上高くなります。さらに、DAOが強くなると、その上にさらに多くの人が集まり、さらに強くなり、さらに多くの人が集まる、というようにDAOが強くなっていきます。イーサリアムにはWindowsのようなプラットフォームネットワーク効果がありますが、金融のステロイドが入っています。いったんDAOが勢いづくと、それを元に戻すのは非常に難しいでしょう。

カウンターポジショニング: 4/5 Helmers
新規参入者が新しい優れたビジネスモデルを採用すると、既存のビジネスにダメージを与えることが予想されるため、既存企業は真似しない。

DAOモデル自体が他の点で有利であれば、DAOはDAOであるということだけで既存の企業に対して強い堀を築くことができます。FacebookのDAO版は、ユーザーが新しいメンバーを招待したり、自分のデータを共有したり、コンテンツに貢献したりすることで報酬を得ることができ、ZuckがFacebookをDAOにする可能性は雪だるま式に増えるわけではないという点で、Facebookに対して堀を築くことができます。この堀は伝統的な企業に対する堀である一方で、他のDAOに対する堀であるとは限らないため、5番目のHelmersをわずかに逃しています。

スイッチングコスト: 2/5 ヘルマー
追加購入の際に代替業者に切り替えることで発生する、顧客が期待する価値の損失。

これはやっかいなものです。一方で、DAOのメンバーは、あるDAOで所有しているトークンが競合するDAOに乗り換えると価値が下がる可能性があるため、スイッチングコストが発生します。しかし、SushiSwapの例が示すように、ブロックチェーンベースのプロトコルは、既存のプロトコルと互換性のある、非常に類似した新しいプロトコルにフォークすることができます。これにより、プロトコルがステークホルダーを満足させ、十分な報酬を得るために常に競争するというダーウィンの力学が生まれます。これは堀としては低いスコアですが、スイッチングコストの低さはDAOの美しさの一部です。

ブランド: 4/5 Helmers
売り手の歴史的な情報に基づいて、客観的に同一の提供物に高い価値を永続的に帰属させること。

特定のブランドが同じ商品に高い値段をつけられる理由の一つは、人々が自分のアイデンティティをそのブランドに結びつけているからである。ティファニーのブレスレットを身につけていると、普通のシルバーのブレスレットとは何かが違います。同じように、人々は自分が貢献しているメンバーやオーナーであるDAOに自分のアイデンティティを結びつけます。ビットコインがDAOだとすると、ビットコインを所有することでアイデンティティを確立している人たちのことを考えてみてください。彼らはビットコインを市場に出したり、押し目買いをしたり、信者ではない人を無料で叩いたりしています。

これでは5番目のHelmerにはなれません。なぜなら、それは両極端だからです。感情が高ぶり、DAOがメンバーの同意を得られないことをすれば、すぐに逃げ出してしまうかもしれません。イーサリアムのエコシステムを発展させるための助成金を授与するMoloch DAOには「rage quit」メカニズムが組み込まれていて、メンバーは特定のコミュニティの決定に同意できない場合、それを通して怒りをもって辞め、トークンを撤回することができるようになっているほどです。

追い詰められたリソース: 4/5 Helmers
価値を高めることができる魅力的な資産を、魅力的な条件で優先的に入手することができる権利。

DAOのコミュニティはその追い詰められた資源である。多くのDAOは人々を雇用したり、貢献に対して報酬を与えたりしていますが、DAOやその上に構築されたブロックチェーンの価値を高めるためだけに人々がDAOに貢献しているケースも多くあります。Moloch DAOではETHの価値を高めるために、メンバー自身がプールしたETHから助成金を与えたり、イーサリアムをより良くするために無償で作業をする提案をしたりすることができます。それらのエンジニアの時間は独立して価値があります。

プロセスパワー: 2/5 Helmers
コスト削減や優れたプロダクトを可能にする、企業の組織や活動のセットが組み込まれていること。

これも「エコシステムにとっては良いが、堀にとっては悪い」という評価です。DAOは、スマートコントラクト自体にプログラムされているため、本質的に文字通り組織や活動のセットが組み込まれていますが、同じ理由で、他のDAOやプロトコルに対して防御することはできません。レゴや取扱説明書を公開することの難しさは、誰もがプロセスをコピー&ペーストできるということです。最高のガバナンスとインセンティブの構造はコピーされ、微調整されるでしょう。

DAOのユーザー、貢献者、より広範なエコシステムのステークホルダーに経済的インセンティブを与え、それらのステークホルダーにDAOのガバナンスに対する発言権を与えることで、DAOは非常に強力な堀を構築する機会を得ます。最も強力なのはネットワーク効果で、いったんDAOが脱出速度に達すると、それを取り壊すのは難しいでしょう。特に、コミュニティのガバナンスによって、コミュニティが最も長期的な価値を生み出すと信じる方法で適応し、進化することができるはずだからです。

とはいえ、DAOはその堀を利用して安住することには注意が必要です。価値を引き出しすぎたり、少数のステークホルダーに権力を与えすぎたり、動きが遅すぎたり、その他にもコミュニティの十分に大きな部分を怒らせるようなことをしてはいけません。そんなことをすれば、他の人に隙を与えることになるからです。フォークの脅威は常に存在しています。適者生存なのです。

DAOの現在と未来

DAOは、The DAOのハッキングの問題から這い上がってきた後、自分たちの足場を見つけ始めたところです。非常に早い時期です。DeepDAOによると、上位のDAOの運用資産は9億5200万ドルに過ぎません。これは、すべてのDAOの資産を合わせると、時価総額で86番目に価値のあるクリプトにランクされることになります。

しかし、すでに魅力的な実験や動きが行われています。

Louis Grxは以下のようないくつかの異なるタイプのDAOを紹介しています。

クリエイターDAO: Jarrod Dicker氏、Patrick Rivera氏、Brian Flynn氏はクリエイターが自分の作品を所有し、その利益を真のファンと共有する可能性について書いています。現在、Creator DAOの主な例はありませんが、今日NFTを制作している人たちの中には、明日、ファンに購読ではなく投資をさせるDAOを立ち上げる人もいるのではないでしょうか。

プロトコルDAO: 金利プロトコルのCompoundや流動性プロトコルのAaveのようなDeFiプロトコルにより、クリプト所有者は何十億ドルもの価値のある資産から収入を得て、財務的報酬やガバナンスをコミュニティと共有することができます。

トークン化されたコミュニティ: 先週、ソーシャルマネープラットフォーム「Roll」がハッキングされ、トークン化されたコミュニティは打撃を受けました。しかし、DAOとは異なり、ハッキングはトークン化されたコミュニティを消滅させるのではなく、バラバラになったコミュニティとそのメンバーが集まって、影響を受けた人々を全体的にまとめることで、コミュニティをより強くしました。リチャード・キムのRNGはトークン化されたコミュニティの代表的な例であり、Miquelaの生みの親であるトレバー・マクフェドリーズが設立したFWBもそうである。

投資家DAO: ここで私たちは一周します。LAOはDAOが失敗したところを拾っています。LAOのメンバーは14,809ETHを拠出し、Flamingoのような他のDAOを含むブロックチェーンベースのプロジェクトに投資しています。

NFTと同様に、現在行われている初期の実験は将来の可能性のほんの一部である可能性が高い。DAOが数千億ドル規模の上場企業と競争するのは、数十年後かもしれません。例えば、分散型ライドシェアリングネットワークや、最小限の抽出手数料を徴収するアプリストアなどですが、私たちが考えるよりも早く実現するかもしれません。ジャックは最近絶好調で、クリプトを愛しています(最初のツイートをNFTとして販売したこともあります)。もしかしたら、Twitterの分散型ネットワーク「Blue Sky」を立ち上げ、その所有権とガバナンスをコミュニティに委ねることができるかもしれません。

小さく始まって進化する可能性の方が高いでしょう。今日、バランスシート上でビットコインを購入し、NFTを作成している企業(Charminタコベルがそうですね)は近い将来、小さなプロジェクトや会社の機能のためにDAOを実験的に導入するかもしれません。より多くのDAOツールが登場すれば、小規模なテストを行うことはますます容易になるでしょう。すでに、DAOレゴキットは充実してきています。

新しいツールは、より多くのアクセスを意味します。Seed Clubは、そのすべてをナビゲートすることもできます。新しい企業が、構築、実験、学習、反復、リミックス、再構築、テスト、プロダクトマーケットフィットの発見、コミュニティへの参加、そしていつの日かコミュニティへの還元を行うことが、これまで以上に容易になります。

この分野のエネルギーは伝染しやすく、コミュニティは非常に包括的で親切です。クリプトの残高が膨らんでいるからかもしれませんが、彼らは昨年のクリプトの冬にも建設を続け、次の冬が来ても建設を続けるでしょう。

ETHを買わされて深みに嵌った後、私は以前よりも混乱し、以前よりも好奇心が強くなり、この空間で人々が一緒に何を構築するかを見ることに非常に興奮しています。私は自分でCreator DAOを作ってみたいと思っています。DAOが最終的にどのような形になるのか、どのようなガバナンスやインセンティブモデルが主流となり、最もエネルギーを集めるのか、いつ1兆ドル規模のDAOが登場するのかはわかりませんが、必然的なもののように感じています。

DAOは斬新で、ちょっとしたヒッピーのように感じられます。プロジェクトや会社の所有権や支配権をコミュニティに与えるというのは、物事のやり方としては間違っていると思います。しかし、考えれば考えるほど、ステークホルダー・オーナーシップは自然な状態であり、このように広く分散したガバナンスやオーナーシップを調整する技術やモデルはこれまでなかったのではないかと思います。

タブラ・ラサと現代のテクノロジーがあれば、取締役会のコントロールが大きく集中しているシステムよりも、DAOのようなシステムを設計することができると思います。

私は、私たちがそこに到達すると信じ始めています。十分な情熱、ツール、発言力、インセンティブを持った賢い人々が、友好的な適者生存の文化と相まって、次の大きなものへの道を迅速に実験することができるのです。そうなれば、世界は大きく変わるでしょう。

透明性と価値の共有の精神に基づき、私がこの作品の研究に使用したすべてのソース資料のドキュメントを紹介します。DAO Links. クリプトの深みへの旅をお楽しみください。

Web3をサポートしてくれたPatrick、Jess、Ryan、そして編集を担当してくれたDanに感謝します。

今週の「Not Boring」はいかがでしたか?あなたのフィードバックが、この番組をより良いものにしてくれます。


Packy McCormickの他の記事を読む👀

👉 Packy McCormick

フォローして最新情報をチェック!

広告

投稿者: PM Library

Cofounder and product manager at Glasp.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。