Status Monkeys (Status as a Serviceフレームワークを用いた社会的ネットワークとしてのNFTの分析)

Status as a Serviceフレームワークを用いた社会的ネットワークとしてのNFTの分析

先週の月曜日から新たにNot Boringに参加された1,901名の方々を歓迎します。67,713人のスマートで好奇心旺盛な人たちと一緒に、ここで購読してみませんか?

こんにちは、皆さん👋 

土曜日、プジャと私はCOVID以来初めての郊外での結婚式に行ってきました(クープとリズ、おめでとう!)。リッチモンドまでの往復で車の中にいる時間が長かったので、ワイルドなアイデアを考える時間がたくさんありました。

では、さっそくご紹介しましょう。


▼本記事の内容
  1. Status Monkeys
  2. Status as a Service(サービスとしてのステータス)
  3. NFTの最近の歴史を振り返る
  4. Investment as a Status(ステータスとしての投資)

* この記事は、「Status Monkeys」を著者の了承を得て翻訳したものです。

著者: Packy McCormick
翻訳者: 渡辺圭祐


Status Monkeys

この週末、ツイッターではThe DEADが私を追いかけてきました。Haley Joel Osment的な意味ではなく、このアバターがどこにでも出てきていたのです。

知らない人のために説明すると、この緑の男はCryptoPunkです。CryptoPunksは24×24ピクセルアートのNFTで、その数は10,000個にも及びますが、今後増えることはないでしょう。2017年6月にLarva Labsが作成したCryptoPunksは、OG NFTです。新しいNFTプロジェクトが刻々と登場する中、CryptoPunksはその古さゆえに希少価値があります。

そのため、ここ数週間でNFTの価値が急上昇すると、CryptoPunksがその先頭に立ちました。最も高価なPunkは、3月に4.2k ETHで販売されました。現在では757万米ドルの価値があります(2021年8月9日時点)。今、自分だけのPunkを購入したい場合、最も安いものでも51.85ETHです。これが最低価格です。この価格では、より一般的なPunkが購入できます。上の写真のようなApe、Alien、ZombieなどのレアなPunkを購入するには、もっと多くのETHを支払う必要があります。

その他、CryptoPunksについて知っておくべきことをいくつかリストアップします。

• Punkを所有することは、フェラーリや高価なハンドバッグを所有するようなステータスシンボルです。
• Punkのオーナーは、自分のPunkの画像をプロフィール画像(PFP = picture for proof and profile pic)として使用することがよくあります。
• 自分が所有していないPunkをプロフィール画像として表示すると、顰蹙を買います。

この週末、何百人もの人がプロフィール写真を、金曜日のオークションで1,201.725ETH(375万円)で落札された、あのたった一枚のZombie Punkに変えました。これほど多くの人が、分解されたパーティーハットの絵文字をつけたPunkを表示しても、誰も眉をひそめませんでした。

金曜日のオークションでは、478人の人々がPartyBidに参加しました。PartyBidは、Anish Agnihotri氏とPartyDAOのクルーが作った新製品で、人々がチームを結成してNFTに入札することができ、リソースをプールして、金持ちクジラに対抗して数百万ドルのPunkを狙うことができます。彼らは自らをParty of the Living Deadと呼びました。そして、彼らは勝利したのです。

ソース: Chuck Anderson

PartyBidは、NFTをよりソーシャルなものにしています。前もって文字通りのパーティーを行い、後ろでは何百人もの人々が高価なNFTを購入し、所有し、一緒に管理する機会を提供しています。そのソーシャル性はウェブサイトを見れば一目瞭然で、まるでFigmaMasterworksが子供を産んだかのように、カーソルやコメントがリアルタイムで飛び交っています。金曜日のオークションが進むにつれ、動くカーソルや絵文字で表現された何百人もの人々が、目に見えてサイト内をズームしていきました。言葉で説明するのは難しいのですが、上の画像を見ていただければわかると思います。ぜひ、ご自身で訪れて確認してみてください

ゾンビのようにNFTは死んでいるはずでしたが、どうなっているんでしょうか?

私には仮説があります。

木曜日の夜、Sriram KrishnanAarthi Ramamurthyと共にクラブハウスのGood Time Showに出演し、Gabby Dizon(YieldGuild)、3LAU、Donnie Dinch(Bitski)、Jarrodd Dicker(The Chernin Group)、Jon Lai(a16z)、Jesse Walden(Variant)とメタバースについて議論しました。

Not Boringの読者は、この時点でメタバースについてよく知っているでしょう。何ヶ月も何ヶ月も前から話題にしていますからね。メタバースに結びつけられそうなものは何でもメタバースに結びつけてしまう罪深さがあります。

ここ数週間でメタバースは主流になりました。Matthew Ballは9部作のシリーズを発表しました。Satya Nadellaはエンタープライズメタバースについて語りました(楽しそう!)。ZuckとCoは、この2週間で100万回も「メタバース」と口にしました。Ben Thompson氏はメタバースに関する記事を書いています。

メタバースではNFTが重要な役割を果たします。あらゆるものがデジタル化されたとき、自分が何かを所有していることを証明し、それをインターネット上で持ち運べるかどうかが鍵となります。しかし、これはメタバースの一部ではありません。ソーシャルネットワークの一部なのです。

Good Time Showでの会話の中で、Jarrod DickerがWeb3におけるコミュニティとステータスの重要性を持ち出したこと子供の頃の考えを呼び起こしました。NFTは、Eugene Wei氏のStatus as a Serviceにあるように、ソーシャルネットワークとして成功するための多くの要素を満たしています

完全なメタバースが登場する前に、JPEGよりも大きな何かがすでに起こっています。NFTは他のソーシャルネットワークやコミュニティの上に位置する新しいタイプのソーシャルネットワーク、つまりスーパーバースのようなものだと感じ始めており、ソーシャルネットワークを評価するのに、Wei氏が提唱したStatus as a Service(StaaS)以上のフレームワークはありません。

Status as a Service(サービスとしてのステータス)

(Status as a Serviceを読んで理解された方は、このセクションは読み飛ばしていただいて構いません)

Amazon、Hulu、Flipboard、Oculusでプロダクトリーダーを務めたEugene Weiは、インターネット上で最高の技術系エッセイストの一人です。彼が書いたものはすべて実質的に規範となりますが、2019年2月に書いたStatus as a Serviceは、彼の最大の貢献と言えるかもしれません。

この作品を見るとNot Boringが短く感じられます。なんと19,825語もあるのです。まだ読んでいない方はぜひ読んでいただきたいのですが、とりあえず、この作品に関連するいくつかの要点をまとめておきます。

StaaSは2つの原則から始まります。

• 人はステータスを求めるサルである
• 人はソーシャルキャピタルを最大化するために最も効率的な道を探す

これらは議論の余地がないですが、Wei氏は社会的ネットワークをステータスやソーシャルキャピタルの次元で分析してはいけないと主張しています。お金の方が簡単で、数字があり、測定されたものが分析されるからです。

ソーシャルキャピタルは多くの意味で金融資本の先行指標であり、その性質はより厳密に吟味されるべきものです。投資やビジネスの手法として優れているだけでなく、ソーシャルキャピタルのダイナミクスを分析することで、他の方法では不合理と思われるあらゆる種類のオンライン行動を説明することができるのです

Wei氏はNFTが流行する2年前に、1,000語にも満たない文章で、知らず知らずのうちに、今起きていることを分析するための基礎を築いていたのです。NFTはソーシャルキャピタルと金融資本の境界線を曖昧にするもので、メディアがすぐに指摘したように、数千ドル、数百万ドルのJPEG画像を購入することは不合理に思えます。

NFTを否定する人々が犯している過ちは、ソーシャルネットワークの分析において人々が犯している過ちと同じで、ソーシャルキャピタルの重要性を見落としているということです。従来、ソーシャルネットワークのネットワーク効果を説明する際には、以下のメトカーフの法則が用いられてきました。

通信ネットワークの価値は、そのシステムに接続しているユーザーの数の二乗(n^2)に比例する

この法則によれば、ソーシャルネットワークのユーザー数が多ければ多いほど、新しいユーザーにとっての価値が高まることになります。

問題はメトカーフの法則が現実の世界で起こっていることを完璧には説明できないことでした。メトカーフの法則によると、最初に大きくなったネットワークが新しいユーザーにとって最も価値があるため、ますます乗り越えられないリードを築き続けることが予測されます。しかし、フェイスブックはMySpaceを倒し、インスタグラムとスナップチャットは若いユーザーの関心をフェイスブックから奪いました。人々の嗜好はそれほどきれいには捉えられません。

ネットワーク効果やメトカーフの法則が間違っているのではなく、人々が純粋なユーティリティを超えてソーシャルネットワークを利用する理由が捉えられていなかったのです。そこでWei氏は、ソーシャルキャピタルを加えた、ソーシャルネットワークの強さを分析する新しいフレームワークを提案しました。

ソース: Eugene Wei

Wei氏はソーシャルネットワークの強さをソーシャルキャピタル、エンターテインメント、ユーティリティの3つの軸で評価しています。彼は記事の中でソーシャルキャピタルとユーティリティに注目しました。

ユーティリティは比較的理解しやすいです。Quoraで質問の答えを見つけたり、フェイスブックで連絡先がわからなくなった高校時代の友人に簡単に連絡が取れたりすれば、それらの製品はあなたにユーティリティを提供していることになります。

一方、ソーシャルキャピタルは定義が難しく、「成功したステータス・ゲーム」の創造に依存しています。新しいソーシャルネットワークが成功するものと失敗するものがある理由を説明するために、彼は暗号通貨というメタファーを使いました。

新しいソーシャルネットワークは、4つの点でイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に似ていると言います。

1. 新しいソーシャルネットワークは、新しい形のソーシャルキャピタルであるトークンを発行する。
2. トークンを獲得するためには、プルーフ・オブ・ワーク(仕事の証明)をしなければならない。
3. 時間が経てば経つほど、各ソーシャルネットワークで新しいトークンを採掘することが難しくなり、希少性が生まれる。
4. 多くの人々、特に年配の人々は、ソーシャルネットワークと暗号通貨の両方を嘲笑する。

実にいい比喩ですね。ビットコインとツイッターを例にとります。

1. ビットコインはビットコイン(BTC)を発行する。ツイッターはフォロワーを「発行」する。
2. マイナー(採掘者)はネットワークの安全性を確保するためにBTCを受け取る。ツイッターのユーザーは、140字/280字以内で気の利いたこと、面白いこと、心を開くようなことをつぶやくことでフォロワーを得る。
3. BTCを採掘するには以前よりもコストがかかり、2100万BTCがすべて採掘されるまでは、さらに難しくなる。ツイッターの初期には昼食に何を食べたかをつぶやくことでフォロワーを得ることができたが、現在では長いスレッドに頼るようになった。
4. これは自明である。

ビットコインもツイッターも15年前には存在しませんでした。しかし、今ではどちらも圧倒的な存在感を示しています。これらはアーリーアダプターに報酬を与え、ネットワークのために仕事をするインセンティブを与え、新しいトークンを採掘するのがますます困難になるようにすることで、無から有へと起動したのです。

4つのポイントはどれも理解しておく必要がありますが、最も役に立つのはステータスゲームにおけるプルーフ・オブ・ワークの考え方です。ツイッターに登録した人が登録しただけで100万人のフォロワーを獲得したとしても、100万人のフォロワーを持つことにソーシャルキャピタルはありません。フォロワー数が多いということは希少価値があるということであり、プルーフ・オブ・ワークの要件がその希少性を生み出しているのです。

エンターテインメントを抜きにして、Wei氏はソーシャルネットワークが辿ることのできる5つの曲線について語っていますが、そのうちの4つはソーシャルキャピタルと時間経過によるユーティリティのトレードオフです。

ソース: Eugene Wei

• 最初にユーティリティ、次にソーシャルキャピタル
ツールのために来て、ネットワークのために留まる(Come for the tool, stay for the network)」。インスタグラムはまず簡単な写真編集ツールでユーザーを魅了し、写真をベースにしたネットワーク上に人々が巨大なフォロワーやビジネスを構築するようになりました。

• 最初にソーシャルキャピタル、次にユーティリティ
Wei氏はFoursquare、Wikipedia、Quora、Redditをソーシャルキャピタルの付与を約束して人々に無料で仕事をさせ、それが大衆にとってのユーティリティーとなった製品として紹介しています。

• ユーティリティはあるが、ソーシャルキャピタルはない
メッセージングアプリは知り合いとのコミュニケーションには非常に便利ですが、ユーザーがソーシャルキャピタルを構築するのにはあまり役立ちません。

• ソーシャルキャピタルはあるが、ユーティリティは少ない
Wei氏はフェイスブックをこのカテゴリーに入れており、彼の友人の多くがフェイスブックを使うのをやめても生活に何の影響もなかったと述べています(これは私にも当てはまりますし、皆さんの多くにも当てはまるのではないでしょうか)。

• ソーシャルキャピタルとユーティリティーの両方を同時に持つ
5つ目のカテゴリー「聖杯」です。その例として、Wei氏は中国のWeChatを挙げています。WeChatはフェイスブックのようなMomentsフィード(ソーシャルキャピタル)と、私が過去の記事で書いたような多くのユーティリティーを組み合わせています。

人々はWeChat を使って友人にメッセージを送ったり、買い物をしたり、ニュースを読んだり、ゲームをしたり、実店舗で支払いをしたりしています……携帯電話でできることはほとんどすべてWeChatでできます。

WeChatは最初からソーシャルキャピタルとユーティリティーの組み合わせを実現していましたが、これは欧米ではあまり真似されていません。

しかし、Wei氏はうまくいったソーシャルネットワークであっても、成長を制限したり、完全な崩壊につながる2つの漸近線があることを指摘しています。

社会的漸近線の1つ目は、プルーフ・オブ・ワークです。
世界中の誰もが特定のソーシャルネットワーク上でソーシャルキャピタルを獲得するために必要なことをできるわけではないので、上限ができてしまうのです。私はTikTokに魅了されていますが、TikTokで動画を作ったことはありません。私はダンスが得意ではありませんし、TikTokのアルゴリズムが要求することを上手にこなすための努力はしないからです。TikTokは今でもとんでもない速さで成長していますが、ソーシャルネットワークが大好きな私でさえ使わないのであれば、どこかに天井があるのではないでしょうか。

社会的漸近線の2つ目は、ソーシャルキャピタルのインフレとデフレです。
インフレの側面は、あるソーシャルネットワークが成功しすぎて、多くの人が利用するようになると、その企業は必然的にアルゴリズムフィードを導入して、ノイズを全て処理する必要が出てくるということです。Wei氏はフェイスブックがアルゴリズムフィードを導入するのは、常にあり得ることだったと主張しています。なぜなら、豊富なデジタル世界で唯一の希少な資源はユーザーのアテンションであり、ユーザーが最も関心を持ちそうなものを配信する必要があるからです。理にかなっていますが、オーディエンスとのつながりをフェイスブックに依存していた企業にとっては厳しい状況でした。

デフレの側面では、ソーシャルネットワークは多くの人が参加すればするほど、クールでなくなっていきます。典型的な例は、フェイスブックに親が参加し始めた時に起こったことで、若者は皆、インスタグラムやスナップチャットに移ってしまいました。クールな子供たちが去り始めると、少しばかりクールでない子供たち、次のグループ、その次のグループと続き、また、クールでないグループ(この場合は親)がどんどん参加してくるので、クールである割合は急速に悪化していきます。

その時点で、その製品やサービスはユーティリティ軸上で可能な限り遠くに移動していなければ、解約の速度が速く鼻血が出る可能性がある」とWei氏は注意を促しています。

以下が議論の重要ポイントです。

• ソーシャルネットワークは、ネットワーク効果だけでなく、それ以外の要素も含めて分析する必要がある。

• 分析には3つの軸があります。ソーシャルキャピタル、ユーティリティー、エンターテイメントである。

• 新しいソーシャルネットワークはICOのようなもので、特に成功したものは適切な難易度のプルーフ・オブ・ワークを用いて希少性とステータスを生み出すことができる。

• ソーシャルネットワークには様々な道筋があるが、一番良いのは最初からソーシャルキャピタルとユーティリティが高いことである。

• 成功したソーシャルネットワークであっても、プルーフ・オブ・ワークの上限とソーシャルキャピタルのインフレ/デフレという2つの漸近線に直面する可能性がある。

• 高いソーシャルキャピタルでスタートしたネットワークが生き残り、成功するためには、これらの漸近線に到達する前にユーティリティを構築する方法を見つけ出す必要がある。

Wei氏は記事の残りの部分で、例を挙げて、この問題に豊かさを加えています。読んでいただきたいのですが、今回の目的のために、特に価値のある豆知識をいくつか紹介します。

• ソーシャルキャピタルは一時的なエネルギーとして利用できる
「このようなソーシャルキャピタル蓄積のインセンティブは、ステータスへのポテンシャル(位置)エネルギーを、ベンチャーが必要とするあらゆる形の運動エネルギーに変換する方法と考えることができます」。

• 新しいプルーフ・オブ・ワークがステータスゲームを長くする
ソーシャルネットワークが、ステータスゲームの半減期を長くするために新しい形のプルーフ・オブ・ワークを追加する必要がある理由と、ゲーム会社から学べることについて。「ラスベガスのカジノゲームは、リアルマネーを支払うことで、プレイのROIに魅力的なフロアを設定しています。MMORPGの中には、ゲームをプレイするという純粋なスキルの挑戦よりも長く続く、コミュニティの感覚のような他の利益をプレイヤーに提供しているものもあります。」

• ソーシャルキャピタルと金融資本はお互いに交換可能である
「レベルアップしたWorld of Warcraftのキャラクターという無形の資産がマーケットで売られた時にその価値が分かるように、こうした取引によってソーシャルキャピタルに具体的な価値を与えることができるのです。」

• ソーシャルグラフの移植性の欠如は、ユーザーにとってフラストレーションとなる
これは特に重要で、従来のソーシャルネットワークとNFTの主な違いを強調しているので、ここで大きく引用しておきます。

グラフの移植が制限されていることは、既存のソーシャルネットワークの観点からはポジティブなことですが、ユーザーの観点からはフラストレーションが溜まります。独占禁止法の消費者福祉基準に基づいてソーシャルネットワークに取り組むことの難しさを考慮すると、巨大なネットワーク効果ビジネスの力を抑制するためのオプションとして、(多くの人が提案しているように)ユーザーが自分のグラフを他のネットワークに持ち込むことを許可することが挙げられるでしょう。これにより、ソーシャルネットワークはソーシャルキャピタルの軸では力を失い、ユーティリティーやエンターテイメントの軸での競争を余儀なくされます。

もし、ソーシャルネットワークの利点を、よりポータブルで分散化されたパッケージで得られるとしたらどうでしょう?今こそ、それをNFTに委ねる時なのです。

NFTの最近の歴史を振り返る

非常に簡単なおさらいですが、NFTはNon-Fungible Tokenの略です。NFTの特徴は、デジタル資産に希少性を持たせることです。希少性はエキゾチックカーや美術品、希少な切手のように、デジタル資産に価値を与えます。BeepleのEverydaysは、もし所有者が公式版を購入したことを証明する手段がなければ、6930万ドルでは売れなかったでしょう。

ソース: Beeple

NFTは2017年にCryptoKittiesで始まりましたが、2021年初頭に本当に熱くなりました(私が最初に書いたのは1月後半です)。BTCとETHが史上最高値を更新する中、BeepleとNBA TopShotが牽引しました。新しく暗号化された金持ちは、金持ちがすることをした: アートを買った。NFTは、信じられないような顔をされ、おもちゃのように扱われた。

ソース: The New York Times

そして、4月には暗号価格が暴落し、それに伴ってNFTも冷え込みました。NFTを信じられない人たちは、「ほら、jpegに何百万ドルも払う人が出てきたときにバブルだとわかったんだよ!」と言っていました。

6月には、暗号サイトのProtosが多くのブログの1つとしてこのような記事を掲載し、いずれも90%の取引量の崩壊を挙げています。

ソース: Protos

記事の2文目にはこう書かれていました。「NFTは5月3日にピークを迎え、1日で1億200万ドル分が販売された」。しかし、パーティーは正式に終わりました。「しかし、Protosが分析したデータによると、過去1週間に処理されたNFTの売上はわずか1,940万ドルでした。」

そして、この1ヶ月ほどの間におかしなことが起こりました。NFTが復活したのです。この24時間の間に、OpenSeaとAxie Infinityという2つのマーケットプレイスで1億600万ドル相当のNFTが取引されたのです。

DappRadarによると、過去30日間でトップ10のNFT市場の取引量は18億6000万ドルに達しました。

ソース: DappRadar

今回はゲイリー・ゲンスラー新会長の下でSECが規制に関心を高めていることや、インフラ法案へのワーナー・ポートマン修正案による潜在的な弊害にもかかわらず、ETHやBTCの価格が上昇していることから、ETHやBTCがNFTの価格を引っ張っているのではなく、逆にNFTが引っ張っているように感じられます。

では、なぜNFTが復活したのか、そしてなぜNFTはずっと存在し続けるのか。ここで友人のEugene Wei氏に話を聞いてみましょう。

Investment as a Status(ステータスとしての投資)

まずは、Wei氏自身が行った2つの原則から始めるのがよいでしょう。

・人はステータスを求めるサルである
・人はソーシャルキャピタルを最大化するための最も効率的な方法を探す

ステータスを求めるサルがソーシャルキャピタルを最大化するための最も効率的な方法として、デジタル・サルに変わり始めているという事実には非常にメタ的なものを感じます。

NFTサマーでは、サルが主導的な役割を果たしました。

先月のNFTコレクションの第3位は、Bored Ape Yacht Club(BAYC)です。CryptoPunksのようにBored Apesは1万匹しかいません。

ソース: DappRadar

Bored Ape Yacht Clubのウェブサイトでは、「トークンがサルのための沼地クラブの会員権を兼ねる限定NFTコレクション 」と称しています。

ソース: Bored Ape Yacht Club

CryptoPunksとは異なり、BAYCは4月30日に発売されたばかりのブランドです。しかし、ソーシャルキャピタルとユーティリティを兼ね備えていることから、すでにNFTコレクションの中で3番目に人気のあるコレクションとなっています。『The New Yorker』誌のKyle Chayka記者は、「Why Bored Ape Avatars Are Taking Over Twitter」という記事を書いていますが、その中でXMTPの創設者であるMatt Galligan氏(彼はツイッターのアバターにApeを使っています)は「高級時計や珍しいスニーカーを履くように、一種のステータスシンボルになった」と述べています。

ヨットクラブのデジタルな壁の外でも「サル」がテーマになっています。これまでで最も高価なCryptoPunks4枚のうち2枚が、そして7月に販売された最も高価な2枚が、希少なApesでした。

ソース: Larva Labs

人々がピクセル化されたサルの写真に何百万ドルも費やすことが不合理に思えるとしたら、「ソーシャルキャピタル・ダイナミクスを分析することで、他の方法では不合理に思えるあらゆる種類のオンライン行動を説明することができる」ということを思い出しましょう。

というわけで、明らかに現実味を帯びてきたものを否定するのではなく、もう少し深く掘り下げて、エンターテインメントも含め、StaaSの軸にNFTを取り入れてみましょう。

ソース: Status Monkeys


上のグラフこそが価値あるNFTの力なのです。ソーシャルキャピタルとユーティリティーが高く、エンターテイメント性も高い。ソーシャルネットワークの三要素が揃っているのです。

ソーシャルキャピタル
NFTはゲームに参加しているソーシャルキャピタルです。それはステータスとしての投資です。CryptoPunkとApeは1万人しかいませんが、その限られたセットの中に、特に価値のあるもの、つまりステータスの高いものがあります。CryptoPunkやBored Apeを所有し、それをツイッターやDiscord、Telegramのプロフィール写真として表示することは、あなたについて何かを語ることになります。早い時期から始めたか、金持ちか、早い時期から初めて今金持ちになったかのどちらかだと言われています。高価なものを使ってソーシャルキャピタルを増やすことは、新しいことではありません。美術品、高級車、ヨット、プライベートジェット、ハンドバッグなど、大金持ちがステータスを示すために購入する希少価値の高いものはたくさんあります。ただ、NFTはより見やすく、公共性が高いのです。

ユーティリティ
NFTは投資として、Discordグループへのアクセスチケットとして、さらにはデジタルで壁に掛けられるものとしてのユーティリティも備えています。NFTが進化し、より多くの人々に浸透していけば、NFTの所有者はイベントやユニークな体験にアクセスできるようになるでしょう。

すでに、Bored Apeを購入すると、Bored Ape Yacht Clubにアクセスできます。AxiesのようなNFTは、所有することで何万人もの人々の雇用につながるという、真のユーティリティを提供します。CryptoPunk社を設立したLarva Labs社のMeebitsは、3Dモデルとアニメーションが付属しており、ゲームのキャラクターとして利用することができます。

Meebits, from Larva Labs

エンターテイメント
Wei氏は(TikTokとSorting Hatという記事が出るまで)手を出しませんでしたが、成功しているソーシャルネットワークのほとんどは、エンターテインメント軸でも高得点を出しています。TikTokはソーシャルネットワークであると同時にエンターテインメントネットワークであると言っても過言ではありません。YouTubeも同様です。人々は毎日何時間もツイッターをスクロールして、何もせずに純粋に受動的なエンターテインメントを楽しんでいます。NFTも同様にエンターテインメントです。販売状況を見るのは楽しいですし、ApesやPunkを主役にしたペルソナやオンラインキャラクターをすでに作っている人もいます。PartyBidでの入札は投資であると同時に社会的な活動でもあります。

NFTのエンターテインメントの軸はまだ始まったばかりです。Punks Comicでは16人のPunksをモチーフにしたキャラクターが登場するコミックブックを制作しており、今後も続々と登場する予定です。Bored Apesにも近々展開される予定です。

ソース: Punks Comic

それは明らかに最初のステップに過ぎません。多くのNFT支持者はNFTとして記念されない大きな文化的イベントは存在しないと考えており、それはイベント自体に反映され、現実世界で何が起こるかによって変わるかもしれません。

では、NFTはソーシャルキャピタル、ユーティリティー、エンターテイメントを提供するものですが、新しいソーシャルネットワークはICOに似ているというWei氏の考えに対して、NFTはどうなのでしょうか?両者が暗号プロジェクトであることを考えると、これはあまりにも簡単なことです。

1. 新しいソーシャルネットワークは、新しい形のソーシャルキャピタルであるトークンを発行する。✅
2. トークンを獲得するためには、プルーフ・オブ・ワーク(仕事の証明)をしなければならない。✅
3. 時間が経てば経つほど、各ソーシャルネットワークで新しいトークンを採掘することが難しくなり、希少性が生まれる。✅
4. 多くの人々、特に年配の人々は、ソーシャルネットワークと暗号通貨の両方を嘲笑する。✅✅✅

ここにはいくつかのニュアンスがあります。

NFTはソーシャルキャピタルとファイナンシャルキャピタルをより直接的に結びつけるものです。貴重なNFTを手に入れるには、鋳造されたばかりのものや、まだコミュニティが関心を持っていない時期のものをいち早く手に入れるのが一つの方法です。もう1つは、ただ飛びついて購入することです。前者は、どのプロジェクトを早期に支援すべきかを判断するためのプルーフ・オブ・ワークであり、後者はETHを提供してプロジェクトを支援し、参加するためのプルーフ・オブ・ステークに近いかもしれません。

直接的な類似点もあります。多くの人、特に年配の人は嘲笑するでしょう。

私も認めますが、NFTをソーシャルネットワークとして利用するのは橋を渡りすぎた感があります。

NFTはソーシャルネットワークではなく、どちらかというと、小さなコミュニティのように見えます。しかし、地元のエキゾチック・カー・クラブは、カントリー・クラブと同様に、ある種のソーシャルネットワークであり、分析に十分な意味を持つには小さすぎます。NFTはステータス・シグナリングとソーシャルキャピタルをグローバル・スケールでオンライン化します。しかし、フェイスブックやスナップチャット、TikTok、ツイッターがソーシャルネットワークだとすると、NFTは何か違うように感じます。

私もそう思います。しかし、それは正しい戦略でもあります。

Status as a Serviceの中で、Wei氏は「ステータス重視のネットワークでは、なぜプルーフ・オブ・ワークをコピーすることが不適切なのか?」というセクションを書いています。基本的には既存のソーシャルネットワークと同じ中核的なプルーフ・オブ・ワークの仕組みを使い、いくつかの機能を追加しても、それぞれを使いこなすには同じスキルが必要であり、人々はより多くの人がいる方に引き寄せられてしまうため、うまくいかないのです。Bitcloutはツイッターのようなものですが、暗号化されており、ツイッターと同じように、気の利いたこと、面白いこと、知的なことを言う人に報酬を与えます。違うのは、Bitcloutで成功すれば自分のトークンの価値が上がり、お金を稼ぐことができるということです。ソーシャルキャピタルと金融資本を直接交換することで、人々が仕事を複製したり、仕事を新しいプラットフォームに移したりすることは可能ですが、それは困難です。

そうではなく、全く新しい行動に報酬を与える必要があります。NFTは既存のお気に入りのソーシャルネットワークから離れてもらうわけではないので、十分に機能するでしょう。むしろ、みんなが自分の好きな既存のSNSでNFTを自慢したり、話題にしたりする方が、NFTコレクションやその保有者全員にとって良いことだと思います。話題になることで、直接的に需要が増えることもあれば、間接的にチャンスが生まれることもあります。Netflixの幹部がツイッターでみんながCryptoPunksについて話しているのを見たら、それを所有者に報酬を与える番組にするかもしれません。もしChristie’sの誰かが、自分が参加しているDiscordでみんながArt Blocksについて話しているのを見たら、Squiggleをオークションに出して、コレクション全体に信頼性と広がりをもたらすかもしれません。

SnowfroによるChromie Squiggle #5994, ArtBlocks

そうなれば、各NFTオーナー(またはオーナーグループ)は、ネットワーク上で利用できる膨大な量のソーシャルキャピタルを構築することになります。もしCryptoPunksがNetflixで番組を配信すれば、その番組に出演したPunksはそれだけで有名人になり、さまざまなソーシャルネットワークで利用できる外生的なソーシャルキャピタルを構築することができるかもしれません。

NFTは伝統的な意味でのソーシャルネットワークではありません。NFT社は存在しません。NFTには、すべてのNFTオーナーが集まり、NFT, Inc.が集約するようなホームとなる場所がありません。もしかしたらOpenSeaがやっているのかもしれません。CryptoVoxelsやDecentraland、The Sandboxのようなブロックチェーンゲーム/仮想世界のようなものかもしれません。フェイスブックの@harvard.eduアドレスのように、NFTを所有することが入場料になるような偽名のソーシャルネットワークを誰かが構築するのかもしれません。もっとも、上記のどれでもないでしょう。それは何か新しいもの、つまりスーパーバースです。

「スーパー 」は「超」という意味ではありません。NFTは他のネットワークの上に位置する、つまりスーパーなソーシャルネットワークかもしれないという意味です。

Wei氏が書いているように「グラフの移植が制限されていることは、既存のソーシャルネットワークから見ればプラスですが、ユーザーから見ればフラストレーションが溜まります」。彼は、もし規制当局がソーシャルネットワークにグラフの移植を強制すれば、「ソーシャルネットワークは、ソーシャルキャピタルの軸では力を失い、ユーティリティやエンターテイメントの軸で競争することになります」と述べています。

もし、規制の代わりに、ポータビリティ(移植可能性)の力を証明する新規参入者がいたとしたらどうでしょう。私が「暗号は偉大なオンラインゲームのネイティブトークンのようなものだ」と書いたのは、そのポータビリティのことを指しています。ある場所でステータスを獲得し、プラットフォームのリスクなしに所有し、インターネット上で持ち歩くことができます。NFTの場合もプラットフォームの盛衰に関わらず、同じことが言えます。プロフィール写真があるソーシャルネットワーク(つまり、すべてのソーシャルネットワーク)は、NFTが広がるための肥沃な土壌となります。オーナーはすでに、ツイッターのアバターとしてPunkを表示したり、インスタグラムの写真にRTFKTのスニーカーを表示したりしています。

また、移動するのは個人だけではありません。特定のNFTを集団で所有するグループ、例えばPARTY OF THE LIVING DEADやNFTを所有するDAOなどは、Discordをベースキャンプにして、新しいプラットフォームには群れをなして移動し、そこから新たな領域へのミッションを開始することができます。新しいプラットフォームでも既存のプラットフォームでも、メンバーは貴重なNFTを所有することで得られる外生的なソーシャルキャピタルをもたらし、グループとしてNFTアバターのソーシャルキャピタルを構築することができます。このスレッドでは、ミニネットワークとしての小数化されたNFTと、1万個の希少価値のある資産を何十万人、何百万人もの人々に支えられ、宣伝された1万個の希少価値のある資産に変える能力について語っています。

(アバターは新しいクランタグやギルドバナーと考えてください。NFTはメタバースの新しいソーシャルハブとなるでしょう。突然、1万人のユニークなPFPが、1万人をはるかに超える人々の間で統一されたスレッドになるのです。これが実現するのを見るのが楽しみです。パンクスとBAYCにとって非常に有望だと思います。)

Wei氏はクリス・ディクソンの「ツールのために来て、ネットワークのために残る」というアイデアについて書きました。NFTは社会的にも経済的にも最も価値のある場所に、ツールのために来て、ネットワークをもたらすことを可能にします。

NFTに関する議論はほとんど、特定のNFTの価格やNFTの総需要がもしかしたら急激に下がるかもしれないというものです。バブルでない状態にもバブルとなる箇所があります。最近では、別の2017年ヴィンテージNFTコレクションEther Rocksの需要が急増し、ロックが10万ドル以上で取引されています。このプロジェクトのクリエーターでさえ「ブロックチェーン上のペットの石」と呼んでいます。この復活はコミュニティがどこまで自分の力を発揮して価値あるものを作れるかを試すもののようです。

ソース: EtherRocks

とはいえ、NFTはWei氏の2つの漸近線に対して耐性を持つという特性を持っているようです。

漸近線1のプルーフ・オブ・ワークに対して、NFTは無限に新しいプルーフ・オブ・ワークを追加する能力を持っており、Wei氏はそれによってステータスゲームの半減期を長くすることができると述べています。Wei氏は、ゲームの寿命を一般的なゲームの寿命よりも延ばすことに成功した2つの例として、ラスベガスのカジノゲームとMMORPGを挙げていますが、これらはNFTと共通する特徴を持っています。ラスベガスのカジノゲームのように、NFTは「リアルマネーを使って、プレイのROIに魅力的な下限を設定できる」。MMORPGのように、NFTのコミュニティの感覚は純粋なスキルによるプレイの難しさよりも長く続きます。とはいえ、NFTは暗号の採用と手頃な価格からの漸進に直面するでしょう。NBA TopShotとFractionalは正しい方向への一歩であり、希少性のメリットを維持しながら、あるいは希少性をコミュニティのような他のメリットに置き換えながら、NFTをより多くの人が利用できるようにするために、さらなるイノベーションが起こることは間違いありません。

社会的漸近線2のソーシャルキャピタルのインフレーションとデフレーションに対して、NFTには分散化されているという利点があります。あるプラットフォームでは、アルゴリズムによるフィードでNFTを紹介することがありますが、NFT自体は持ち運びが可能で、所有者が好きな場所で使用・表示することができます。また、NFTは一枚岩ではなく、小さなコミュニティの集合体であり、それぞれが独自の基準を持っているため、蒸発冷却の影響を受けにくいのです。パンクは1万人しかいませんが、最終的には、それぞれが独自の基準やルールを持つ小さなコミュニティを形成する何千ものDAOや小数所有グループが存在するかもしれません。そのフラクタル構造が、よりレジリエンスを高めてくれるはずです。さらに、出資の証明や所有者が売却時期を選択できることから、親がフェイスブックを買収したようにCryptoPunksを買収するには多くの時間とお金が必要になるでしょう。

まだ早いですよ。この手のものが大好きな私でさえ、PunkやApe、その他の主要なコレクションを所有していません。もっとインフラを整備して、バラバラのNFTプロジェクトをつなぐ布陣を整える必要があります。しかし、NFTには、ツイッター、インスタグラム、スナップチャット、Discord、TikTokなどの既存のネットワークの上に、新しい形のソーシャルネットワーク、つまりスーパーバースを構築し、時間をかけて適応し、繁栄させていくための材料が揃っているように思えます。

NFTの新規プロジェクトは、ソーシャルキャピタルと金融資本の強力な組み合わせで立ち上げることができます。オーナーシップは、ソーシャルキャピタル、ユーティリティ、エンターテインメントをもたらします。次の大きなものを見つけ出すことから、「Punks Comics」のようなブランド拡張を行うこと、コレクション全体の知名度を上げるために特定のNFTをマーケティングすることまで、常に進化し続けるプルーフ・オブ・ワークがあります。Punksのオーナーは、ニューヨーク、マイアミ、ロンドンでビルボードを買い占め、情報を広めています。NFTは 「偉大なるオンラインゲーム 」の一部であり、そのルールや機会は常に進化・拡大しています。お金、ステータス、そしてコミュニティを組み合わせることで、強力なものが生まれます。

いつものように、私はこれらの話がクレイジーに聞こえることを最初に認めます。NFTは新しい形のソーシャルネットワークというよりも、流行のように感じられます。しかし、ありがたいことに、Wei氏はソーシャルネットワークの強さを評価するためのフレームワークを提供してくれており、NFTはそれに対して衝撃的なほど良い結果を出しています。Status as a Serviceの19,825語の中には、NFTがソーシャルネットワークであることを否定するような内容はあまりなく、むしろ、ほぼすべてのセクションで、その考えを支持する小さなナゲットが含まれている。

次の大きなものは、最初はおもちゃのようなものだ。次の大きなソーシャルネットワークは、最初はソーシャルネットワークに見えないかもしれない。未来は私たちが予想する以上にクレイジーなものになるだろう。そして、JPEGの所有権に基づいたソーシャルネットワークは、まさにその条件に当てはまる。

さて、何が言いたいのか?この情報で何をしますか?

ソーシャルネットワークはアーリーアダプターに報い、お金が組み込まれたソーシャルネットワークはアーリービリーバーに二重の喜びを与えます。探ってみましょう。あなたの心に響くNFTを見つけてください。PartyBidに参加しましょう。参加しましょう。そして、神のご加護のためにも、NFTを嘲笑するような年配者にはならないでください。


Packy McCormickの他の記事を読む👀

👉 Packy McCormick

フォローして最新情報をチェック!

広告

投稿者: PM Library

Cofounder and product manager at Glasp.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。