プロダクトマネージャーの役割とスキル

プロダクトマネージャーについて解説した記事はたくさんありますが、私にとって、たくさんの記事は部分最適に過ぎず、通常、全体像を理解することは難しいものです。そこで、プロダクトマネージャーの役割とスキルに関する記事をリストアップし、全体像がわかるように構成してみました。

最初の部分は、プロダクトマネジャーの役割と責任についてです。2つ目は、プロダクトマネージャーのスキルについてです。

この記事や添付されているプロダクトマネジメントの記事をただ読んで終わりにするのではなく、共感したところをハイライトして、感想や学びをGlaspに残しておきましょう。そうすれば、いつでも見返すことができ、私たち皆が同時に学習することができます。

それでは、さっそく始めましょう。


目次

  1. プロダクトマネージャーの役割
  2. プロダクトマネージャー – スキル

*この記事は「Product Manager’s Role and Skills」を翻訳したものです。

著者・翻訳者: 渡辺圭祐


プロダクトマネージャーの役割

プロダクトマネジメント – スタートはここから (Product Management — Start Here)
https://svpg.com/product-management-start-here/
著者: Marty Cagan (@cagan)

優れたプロダクトは、ユーザーや顧客の真の問題を解決し、顧客に愛され、かつ我々のビジネスに役立つ方法で提供されます。

プロダクトマネージャーは、開発されるものが価値あるものであり、かつ実現可能なものであることを確認する役割を担っています。そして、プロダクトディスカバリーとは、ユーザーにとって価値があって、使い勝手がよく、実現可能で、実行可能なソリューションを発見することです。これがプロダクトマネジメントの核心です。

もし、プロダクトの機能をディスカバーする権限がなかったり、プロダクトをアップデートする権限がなければ、あなたがいるのはフィーチャーチームやデリバリーチームということになります。真のプロダクトマネージャーになりたいのであれば、その違いと重要性を理解している企業に転職する必要がありそうです。

プロダクトマネージャーの仕事
https://joshelman.medium.com/a-product-managers-job-63c09a43d0ec
著者: Josh Elman (@joshelman)

プロダクトマネージャーの仕事は、あなたのチーム (そして会社) が正しいプロダクトをユーザーに出荷できるようにすることです。

ソース: A Product Manager’s Job

プロダクトマネジメントとは、価値があって、使えて、実現可能で、実行可能なソリューションを見つけることです。そして、プロダクトマネージャーとは、チームや会社のためになる優先順位の高いことに全時間を費やす人なのです。プロダクトマネージャーは、会社全体の目標と目的を正確に理解し、ビジョンに自分のチームを適合させる方法を理解する必要があります。

1) チームを助ける: 優れたプロダクトマネージャーは、自分のチームにとって最も重要なタスクに全神経を注ぎます。これには基本的に、(a)コーディネーション: チームが明確な目標と焦点を持って計画し、決定を下し、うまく協力していることを確認すること、(b)コミュニケーション: チームが互いに効果的にコミュニケーションをとり、何がいつ起こり、なぜそれが起こっているのか、特に状況が変化する中で理解していることを確認すること、が含まれます。最も優れたプロダクトマネージャーは、チームメンバー全員からインプットを受け、議論を表面化させ、時には結束を断ち切り、選択する際には合意を得る (あるいは最低でも全員が計画にコミットする) 責任を負います。

2) (と会社) : プロダクトマネージャーとして、会社の一般的な目的と目標、そして自分のチームが全体像の中でどのように位置づけられるかを意識する必要があります。そして、チームメンバーが会社にとって必要だと考えるものを提供するのではなく、他のチームと協力しながら会社にとって必要なものを提供し、貢献していると感じてもらわなければなりません。

3) 出荷: 顧客にプロダクトを届けることほど重要なことはありません。優れたプロダクトマネージャーは、完璧に仕上げることと、出荷することの間で微妙なバランスを保たなければならないことを知っています。ゴールと目的が明確で、ユーザーとユーザーに達成してほしいことをよく理解しているチームは、究極のトレードオフを強いられるかもしれません。このタスクを達成するのを助けるのが、優れたプロダクトマネジメントです。

4) 適切なプロダクト: 出荷は重要ですが、優れたプロダクトマネージャーはチームと協力して、プロダクトが適切なものであることを保証します。優れたプロダクトマネージャーは、何が正しいか、何が間違っていると思われるかについて確かな感覚を持っており、また、テスターや他の試用者からの初期の意見に効果的に耳を傾けています。さらに重要なのは、プロダクトが出荷された後、優れたプロダクトマネージャーはそれが正しいプロダクトであるかどうかを評価することができるということです。

5) ユーザーのために: プロダクトを作る上で最も難しいのは、主要なユースケースを表現すること、つまり、誰がなぜそのプロダクトを使うべきかというストーリーを伝えることです。最高のプロダクトマネージャーは、消費者の代弁者として、プロダクトに関するあらゆるやりとりの中で消費者の声を代弁します。そのためには、ターゲットとなる消費者、彼らが抱える問題や困難、そして彼らが求める価値や喜びをどのように提供すべきかを徹底的に把握することが必要です。

プロダクトマネジメントのトライアングル
https://productlogic.org/2014/06/22/the-product-management-triangle/
著者: Dan Schmidt (@danielfschmidt)

プロダクトマネジメントの責任には、「余白を埋める」ことや、部門を超えたチーム間の「接着剤の役割を果たす」ことが含まれます。正しいプロダクトをユーザーに届けるためには、多くのチームメンバーが関係しているため、それぞれの役割の間にギャップが生じます。

下の図は「プロダクトネットワーク」と呼ばれるもので、ソフトウェアプロダクトのコンテクストの基本的な要素を描いたものです。企業では、プロダクトネットワークに欠落したリンクを意味するホワイトスペースが残ります。もし、それが埋まっていれば、プロダクトネットワークがより良く機能し、より成功したプロダクトにつながります。

プロダクトマネージャーの責任は、プロダクトネットワーク内の4つの領域すべての健全な機能を維持することです。そのため、プロダクトマネージャーは、重要なホワイトスペースを認識し、リンクとして機能するか、それを埋める方法を見つけることによって、これらの重要なリンクを維持する必要があります。そのためには、プロダクトマネージャーは、ウェブ解析やプロジェクトマネジメントなど、プロダクトマネジメントに関連するすべての役割を担うことができなければなりません。

領域Aは、開発者、プロダクト、ユーザーの間に存在するホワイトスペースです。開発者とユーザーでは、プロダクトに関するメンタルモデルが異なります。ユーザーはユーザーインターフェースを通してしかプロダクトを見ることができませんが、開発者はコードを覗き込むことができます。この余白を埋められるのがデザイナーです。

領域Bは、ユーザー、プロダクト、ビジネスの間にあるホワイトスペースです。この領域では、人々がプロダクトを使って見出した価値を、利益に変換していきます。ビジネスモデルに応じて、この領域の複雑さは異なります。

領域Cは、開発者、プロダクト、ビジネスの間に存在します。この領域では、企業のリソースと努力の焦点を決定することができます。

プロダクトマネジメントではないもの
https://svpg.com/what-product-management-is-not/
著者: Josh Elman (@joshelman)

上記の記事で紹介したように、プロダクトマネジメントとは、価値があって、使えて、実現可能なソリューションを発見し、出荷することです。しかし、多くの企業にとって、プロダクトマネジメントという仕事自体が曖昧なものです。だから、プロダクトマネージャーを求める声が多いのですが、求めていることはプロダクトマネージャーの仕事ではないことが多々あります。何がプロダクトマネジャーの仕事ではないのか、リストを一つずつ見ていきましょう。

プロダクトマネジメントはビジネスケースを定義することではない
ビジネスケースを定義するプロダクトマネージャーもいますが、それは実際のプロダクト作りに何ら貢献しません。経営陣が投資の選択をする際に、それを必要とするため、それを行っているだけでしょう。

プロダクトマネジメントは市場要求事項を定義するものではない
多くの企業は、プロダクトマネージャーが市場の要求を決定し、エンジニアがその要件を満たすプロダクトを作ると考えています。しかし、このプロダクトの定義を行う責任者は、個人的にこれらの人々(ユーザー/顧客)と話をしなければなりません。そして、プロダクトマネジメントの目的はプロダクト・マーケット・フィットを見つけることであり、そのためには市場の要求と技術力の両方を十分に把握する必要があります。したがって、プロダクトマネージャーはプロダクト要件と市場要件を別々に考えてはなりません。

プロダクトマネジメントは要件収集ではない
プロダクトマネジャーは、顧客のニーズを通じてプロダクトの要件を文書化するのではありません。真のプロダクト組織は、顧客が解決すべき問題を抱えていることを理解していますが、プロダクトの仕様を指示することはできません。別の言い方をすれば、顧客の要求とプロダクトの要求を混同してはいけないということです。

プロダクトマネジメントはプロジェクトマネジメントではない
企業によっては、プロダクトマネージャーとは、要件を収集・文書化し、構想から出荷までを取りまとめる人だと考えているところもあります。しかし、プロダクトマネジメントがプロジェクトマネジメントと異なるのは、価値ある、使用可能な、実現可能な、解決策を発見する、プロダクトディスカバリープロセスであることです。

プロダクトマネジメントはプロダクトマーケティングではない
人々は、価格設定、プロモーション、ポジショニング、メッセージなどのプロダクトマーケティングや、プロダクトの発売活動を期待しています。しかし、実はこれらはプロダクトマネジャーの仕事ではありません。何度も言いますが、価値があり、使用可能で、実現・実行可能な、ソリューションを発見するのがプロダクトマネージャーの仕事です。

プロダクトマネージャー – スキル

プロダクトマネージャーのスキル(年功序列) – 詳細
https://medium.com/agileinsider/product-manager-skills-by-seniority-level-a-deep-breakdown-cd0690f76d10
著者: Brent Tworetzky (@tworetzky)

XO Groupは、プロダクトマネージャーの6つのスキルエリアを分解しました。

以下は、プロダクトマネージャーのキャリアパスの選択肢を、個人貢献者 (左側) とマネージャー (右側) の場合で示したものです。

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

スキル1:戦略的思考

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

これは、「ますます大きくなる問題やプロダクト領域に対して、社内のソート・リーダーシップを発揮して答えを導き出す能力です。含まれるものは、ブレーンストーミング、思考の構造化、戦略の推進、専門家になること」です。

アソシエイト・プロダクト・マネージャーには、「他者と建設的にブレーンストーミングを行う」スキルが求められます。このレベルでは、より高度な戦略的思考は必要ありませんが、ユーザーへの共感を示すことが必要です。

スキル2:コミュニケーション

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

コミュニケーションは、「より大きな、より高い利害関係のある人々に対して、明確な文章と口頭でのコミュニケーション。この中には、明確なメールを書くこと、直接会って明確にコミュニケーションをとること、文章を書くこと、プレゼンテーションを行うことが含まれる」と説明されています。

コミュニケーションはどのレベルのプロダクトマネージャーにとっても重要ですが、レベルが上がれば上がるほど、グループミーティングや、プレゼンテーションのスキルが必要となります。

スキル3: コラボレーション

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

コラボレーションは、「チーム内外で、より多くのファシリテーションを行い、物事を成し遂げることができるようになります。含まれるもの: 会議への積極的な参加、会議の主導、班のプロセスの運営、他のチームとの問題解決、適切に対立を回避させること」と説明されています。

上位のプロダクトマネージャーには、組織内の幹部や幅広いチームと連携し、リードやファシリテーションを行うスキルが求められます。

スキル4:テクニカル

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

テクニカルスキルとは、「プロダクトマネジメントとパートナー機能 (エンジニアリング、デザイン) のツールを使い、チーム全体でうまく連携することです。含まれるものは、ストーリーを書くこと、分析すること、プロトタイプの構築・実行、SEOの理解」です。

テクニカルスキルはプロダクトマネージャーにとって重要であり、ミドルレベルのプロダクトマネージャーであってもプロトタイプをうまく構築することが求められます。

スキル5:詳細と品質

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

これは、「拡大するスコープの中で結果を出し、ミスをキャッチする。ユースケースを含む明確な仕様書の作成、大小のプロダクトを期限内にバグの少ない状態で出荷すること、障害に対処するための選択肢を操り、成果を上げることが含まれます。」です

アソシエイトプロダクトマネージャーの場合、担当するのはプロダクトの小さな領域ですが、機能の仕様書を書き、それを出荷するスキルが求められます。

スキル6:ユーザーサイエンスと共感

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

ユーザーサイエンスと共感は、「ユーザーをより理解し、ユーザーのニーズや行動にプロダクトを適合させるため、ユーザーサイエンスのツールキットを習得する。含まれるのは、調査、インタビュー、プロトタイピング、A/Bテスト、分析ツールをきちんと実行できること、異なるユーザータイプとそのニーズを理解し表現すること、ユーザーサイエンスをインサイトに統合すること」です。

表の一番上にあるように、ユーザーへの共感がプロダクトマネージャーの基本であることが理解できます。

スキル7:マネジメント

ソース: Product Manager Skills by Seniority Level — A Deep Breakdown

マネジメントは「人と組織をうまく成長させることです。含まれるものは、メンタリング、マネジメント、チームの成長、組織の成長」です。

アソシエイトマネージャーやプロダクトマネージャーの場合、デザイナーやエンジニアなどのチームメンバーがプロダクトマネージャーの下で働くことはないため、このスキルは必要ありません。しかし、シニアプロダクトマネージャーであれば、他のジュニアプロダクトマネージャーを指導する必要があります。

プロダクトマネージャーとテクニカルスキル…ディールについて
https://productschool.com/blog/product-management-2/technical-skills-product-managers/
著者: Product School (@productschool)

プロダクトマネジャーになるには、実は技術的なスキルは必要ありません。調べてみると、そのようなスキルは必要ないと安心させる記事や資料がたくさん見つかるでしょう。しかし、新任のプロダクトマネージャーはテクニカルスキルがないことを恐れているのです。もちろん、テクニカルスキルがあるに越したことはありません。核となるテクニカルスキルは、コーディングとプログラミングになります。基本的なスキルは以下です。

• コーディング・プログラミングの知識:  HTML、CSS、Javascript、C+、Pythonなど
• SQL: データの管理・操作に活用
• データ構造とアルゴリズム

プロダクトマネジメントは、デザイン、ビジネス、テクノロジーの間に存在します。この3つのうち1つでも長けていて、他の2つを学ぶ意欲があれば、プロダクトマネージャーを目指す上で大きなプラスになるはずです。以下は、Product Schoolのプロダクトマネージャーの技術力に関するQ&Aです。

Q: プロダクトマネージャーは技術系出身でなければならないのでしょうか?
A: いいえ。すべての道はプロダクトに通じており、最強の開発チームにはあらゆる経歴を持つプロフェッショナルがいます。

Q: プロダクトマネージャーの役割には、技術的な要件があるものもあるのでしょうか。
A: はい。一部の職務では、CSの学位や、職務に必要なテクニカルスキルの実証的な知識が必要とされます。

Q: プロダクトマネージャーはコードを書く必要がありますか?
A: 理解しているに越したことはありませんが、あなたの仕事はソフトウェア開発者ではありません。テクニカルプロダクトマネージャーには、もちろんコードの知識が求められます。

Q: では、プロダクトマネジャーになるために大学に戻ってCSの学位を取得する必要はないのでしょうか?
A: いいえ。CSの学位を必要とする職種のほとんどは、そうでない類似の職種があります。例えば、Googleのあるチームはプロダクト・マネージャーに技術的なバックグラウンドを求めますが、そうでないチームもあります。

Q&Aにあるように、プロダクトマネージャーにとって技術的なスキルは必ずしも必要なものではありません。プロダクトマネージャーとテクニカルスキルの関係は、プロダクトマネージャーとデザインスキルの関係にも似ています。プロダクトマネージャーは、実際のデザイン作業を行うわけではありませんが、デザイナーと協力して、デザインが必要なプロダクトを管理・実現することになります。デザインに対する理解が深ければ、その貢献度はより高いものになるでしょう。

プロダクトマネージャーの重要な特徴のひとつに、「好奇心」があります。好奇心は、テクニカルの世界での成功へとあなたを導きます。

技術力を一から身につけるなら以下が参考になります。

• CS50: コンピュータサイエンスの基礎を学べます。ハーバード大学が提供する無料のオンラインコースです。
• Codecademy: 入門するには、このコースの受講がおすすめです。さまざまな学習パスやプロジェクトが無料で提供されています。


優れたプロダクトマネジャーになるために必要なこと
https://hbr.org/2017/12/what-it-takes-to-become-a-great-product-manager
著者: Julia Austin (@austinfish)

プロダクトマネージャーを目指す場合、その役割を評価する上で、「コアコンピテンシー」「EQ (感情知能)」「会社への適合性」という3つの大きな要素について考える必要があります。

コア・コンピテンシー: すべてのPMが持っていなければならないコア・コンピテンシーは以下のものです。

• 顧客インタビューとユーザーテストの実施
• デザインスプリントの実施
• 機能の優先順位付けとロードマップの計画
• リソース配分の技術 (科学ではありません!)
• マーケットアセスメントの実施
• ビジネス要件と技術要件、またはその逆の変換
• 価格設定と収益のモデル化
• 成功指標の定義と追跡

優れたプロダクトマネージャーは、長年にわたってプロダクトを定義し、出荷し、反復することで、これらのスキルを磨き続けています。

エモーショナルインテリジェンス(EQ): インタビューにおいて、一流のPMは顧客に共感し、彼らのボディランゲージや感情を察知し、そのプロダクトや機能が解決すべき苦悩を推し量ることができます。ダニエル・ゴールマンは、EQの4つの主要な特徴を定義しました。次に、それらがPMの役割とどのように関連しているかを見てみましょう。

1. リレーションシップ・マネジメント: 成功するPMの最も重要な特性の1つです。優れたPMは、社内外のステークホルダーと誠実で信頼できる関係を築くことで、人々のモチベーションを高め、その潜在能力を最大限に発揮できるようにします。

2. 自己認識: 公平であり続け、自分の個人的な好みをプロダクトに投影することを避けるために、PMは自己認識を持っている必要があります。自己認識が欠けていると、他の本質的な目標が頓挫したり、機能が十分に評価されない場合にエンジニアとの関係が悪化し、PMへの信頼が失われる可能性があります。

3. 自己管理: 最高のプロダクトマネージャーは、緊急性がある中でも恐怖やストレスを感じることなく、正しい優先順位で積極的に物事を進めていく方法を知っています。また、一歩下がって立て直しを図るタイミングも心得ています。

4. 社会的認識: プロダクトマネージャーは、共感、組織意識、そしてサービスという社会的な意識を持つべきです。プロダクトマネージャーは、顧客のプロダクトに対する気持ちや悩み、営業チームの売り方に対する悩み、サポートチームのサポートに対する悩み、エンジニアリングチームの開発に対する悩みを理解しなければなりません。このような社会的な認識を持つことで、優れたプロダクトマネジャーは、顧客のやるべき仕事を処理するプロダクトを提供することができ、それがプロダクト・マーケット・フィットにつながります。

企業フィット: コアコンピテンシーと高いEQだけでなく、企業との適合性もプロダクトマネージャーのキャリアを成功に導きます。企業のタイプによってプロダクトマネジャーに求められるものは異なります。

1. PMがエンジニアリングを推進する(企業): PMはニーズを収集し、古典的なプロダクト要件書を作成し、それをエンジニアリングに渡して、技術要件を仕様化する「壁越し」手法をとります。

2. エンジニアリングがプロダクトを動かす: エンジニアはその分野の技術を発展させ、PMはソリューションのテストやフロントエンドのアクセスポイント (UI、API) の設計などを行う、より技術的にフォーカスしたプロダクト企業 (クラウド、ビッグデータ、ネットワーク) ではこのスタイルになります。

PMとエンジニアリングのパートナーシップ: このような状況では、PMとエンジニアリングは、相互に発見し、意思決定し、責任を共有する、強い陰陽の関係を持っています。エンジニアはPMと一緒に顧客インタビューに参加し、PMはスプリントミーティングに参加してタスクのブロック解除や要件の説明をサポートします。

また、会社のステージや役員との関係によって、プロダクトマネージャーの役割も以下のように異なります。

スタートアップ: プロダクトマネージャーは、プロダクトの発見、定義、出荷だけでなく、プロダクトの価格、マーケティング、サポート、そして販売まで担当することがあります。プロダクト・マーケット・フィットを目指し、規模に応じた機能を身につけるため、プロダクトマネージャーはスクラップ的な雰囲気の中で成長し、あいまいさや頻繁な方向転換にも対応できる必要があります。

長所: PMは企業戦略に関与する可能性が高く、シニアリーダーや取締役会にアクセスでき、より大きなリスクと影響力を行使することができます。また、会社のリソースに対してより大きなパワーとコントロールを持つことができます。

短所: 組織内には通常、メンターやロールモデル、ベストプラクティスがほとんど存在しません。予算が限られていることが多く、プロダクトマネージャーは与えられた仕事をこなすのに必要な経験が不足していることがあります。

成熟した企業: PMの役割はより限定的になり、価格設定や市場参入戦略などを担当する社員がいる場合があります。プロダクトマネージャーは、より広範なプロダクトマネジメントチームの一員となることがほとんどでしょう。

• 長所: メンターやロールモデル、開発標準やベストプラクティスがPMに提 供される可能性が高くなります。

• 短所: PMは企業戦略に対する理解が浅く、消費者の声の一つに過ぎません。PMは企業戦略への理解が浅く、消費者の声の一つに過ぎないため、政治的・経済的な制約を受ける可能性があります。


創業者/CTO/CEOとPMの関係: 
創業者/CEO/CTOがプロダクト開発プロセスにどれだけ積極的であるかを知ることは、特に初期段階の組織では非常に重要です。創業者・CEO・CTOが非常に積極的であれば、PMの役割は自らアイデアを出し、それを押し進めるというより、創業者等のアイデアを具体化する手助けや顧客とコンセプトを確認するといったサポート的なものになるかもしれません。

長所: 創業者やチーフレベル役員と一緒にプロダクトイノベーションに取り組むのが好きな人にとっては、とても楽しい仕事となります。

短所: プロダクトの方向性をより大きくコントロールしたいPMにとっては、フラストレーションがたまるかもしれません。また、より技術的な創業者やチーフレベルの人々がエンジニアと直接仕事をすることを好む場合、PMにとっては仲間外れになるなど、困難が伴います。

この記事が、プロダクトマネージャーの役割とスキルの全体像を理解する一助となれば幸いです。何か質問があれば、TwitterLinkedInでDMをください。

次に何をすべきか覚えているでしょうか?

この記事や添付されているプロダクトマネジメントの記事をただ読んで終わりにするのではなく、共感したところをハイライトして、感想や学びをGlaspに残しておきましょう。そうすれば、いつでも見返すことができ、私たち皆が同時に学習することができます。

それでは、また次回お会いしましょう。

Kei


フォローして最新情報をチェック!

広告

投稿者: PM Library

Cofounder and product manager at Glasp.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。